03.注目馬

チェスナットコート、トリコロールブルーの今後は?/先週の注目馬

2018/01/30

先週注目レースとして取り上げた早春ステークスに飛鳥ステークス。

優勝したチェスナットコート、トリコロールブルー含め、注目馬を回顧します。

チェスナットコート、トリコロールブルーの今後は?

早春ステークス回顧

チェスナットコートは前走よりまた緩やかに上昇。

この条件ではやや体力不足の中、先行させたらうるさくなりそうな状態で出走していたマイネルヴンシュを差し切ったのは今の勢いが為せた業でしょう。

今まさに充実期。

今回を使って更に良くなっていきそうな雰囲気を漂わせていましたから、この勢いなら、条件次第で隙間重賞でも面白い存在になるでしょう。

一方、1番人気で4着に終わったホウオウドリームは期待した成長がなく。

それでも、やや余裕ある馬体で僅差の4着まで詰め寄るのですから一定の能力は示しました。本格化するであろう今秋以降なら活躍を期待で出来るでしょう。

7番人気3着のエクセレントミスズ含め、このレースはパドック推奨した4頭が1~4着。32,630円とそこそこ良い配当になった3連単などを的中された会員様がいたら嬉しい限りです。

飛鳥ステークス回顧

飛鳥ステークスはトリコロールブルーが優勝。

成長なく、馬体の緩さも変わらずという印象をパドックで受けたのでこの結果は驚きました。この状態でこの条件で勝ち切れるということで、さすがに運動能力は高いですね。

次どこへ出走するか分かりませんが、馬券は基本的に期待先行にやや売れすぎるタイプの馬。使ってグンと良くならない限り、今日の状態で重賞となるとあまり食指は動かない印象です。馬券は、本格化手前の雰囲気を漂わせた初戦で狙いたいですね。

2着プロフェットと3着テーオービクトリーは、このレースでパドック推奨した2頭。状態の差が出た形でしょう。プロフェットは川田騎手も完璧に乗ってのアタマ差負けですから、陣営としては非常に悔しい結果だったかと思います。

4着アクートは前述3頭がそういった形なので、その下の4着に収まってしまった形でしょう。もう少し前で競馬をすればまた違うと思うだけに先行策を試してみて欲しいところです。

ポルトドートウィユは使っての良化は見られず。それどころか+10キロで多少余裕残し。

とりあえず状態戻り待ちですが、陣営が上手く管理出来ていないのかもしれませんね。能力の大きな衰えは今のところ感じられないだけに、何とか上手く立て直して欲しいところです。

昨日とは別の先週の次走注目馬を本日も[最強]競馬ブログランキングに掲載します。興味ある方は覗いていって下さい。
※馬名やコメントの見方が分からない方はこちらの記事を参照下さい。

-03.注目馬
-,