競馬予想

有馬記念2016予想|枠順見解と総評

2017/01/14

今週末は有馬記念2016の開催。

前回の記事ではジャパンカップ2016組について評してきましたが、本日はそれらと人気を分け合うサトノダイヤモンドの評価と、枠順雑感を含めた総評をします。

サトノダイヤモンドの評価

まずはサトノダイヤモンドの評価から。

キタサンブラックと1番人気を分け合う形になる見込みですが、結論からいえば、事前予想でキタサンブラックより上に評価するのは難しいという見解です。

まずネックとなるのが経験とタフさの不足。

きさらぎ賞2016・神戸新聞杯2016はこれといったライバルがおらず、菊花賞2016も当面のライバルはディーマジェスティ1頭のみだった。それなりの相手が揃ったレースといえば皐月賞2016・日本ダービー2016くらいもの。その両レースにしても、道中、そうプレッシャーを受けることなく運べていた。

今回のサトノダイヤモンドは、キタサンブラックはともかく、ゴールドアクター・サウンズオブアース・シュヴァルグラン・マリアライト辺りからには意識されるポジションとなる可能性が高い。勝負どころからこれらと凌ぎを削るとなると、心身の消耗は避けられません。

全体的に綺麗なイメージのあるサトノダイヤモンドなだけに、自身より弱い相手には強くても、自身と同等かそれ以上の能力を持つ馬からプレッシャーを受けて尚、それを跳ね返し良いパフォーマンスをするイメージがあまりない。

有力各馬はキタサンブラックを意識した競馬をするでしょうから、勝負どころからタフなレースとなる可能性は高く、中山芝2500メートルというただでさえタフな条件でその展開となると、その不足面が露呈してしまうリスクは充分あるだろうと危惧しています。

6枠11番という枠順も、一見文句ない枠順ですが、キタサンブラック・ゴールドアクターが終始内々を最短距離で進めるのに対し、サトノダイヤモンドは終始その外を周り続けなくてはならない。それでいて2頭を差し切るにはかなりの脚を使わなくてはなりませんが、サトノダイヤモンドは、そう末脚が売りの馬ではない。その点にも不安は残ります。

そういった評価を一変させ高評価する可能性があるとしたら、菊花賞2016から明確に成長してきた場合。

春から大きな成長が感じられなかったと評した神戸新聞杯2016。そこから大きな成長もなかった菊花賞2016と、成長力に関しては期待を裏切っているサトノダイヤモンド。しかし、ディーマジェスティなどと比較してスケール感は明確にあるので、どこかで一変する可能性は秘めています。

成長の確変がこの有馬記念2016で起こるようなら、まとめて負かす可能性自体は秘めていると思います。サトノダイヤモンド(菊花賞)→サトノクラウン(香港ヴァーズ)→サトノアレス(朝日杯FS)と確変状態に入っているサトノ旋風の最後を、有馬記念サトノダイヤモンドで締める想定も、頭の片隅には置いておきたいと思います。

有馬記念2016総評

前回、そして本日の記事で取り上げたキタサンブラック・ゴールドアクター・サウンズオブアース・シュヴァルグラン・サトノダイヤモンドに、前走結果出なかったものの、調子良く、戦えるだけの地力も持つマリアライト。有馬記念2016は人気通りこの6頭が他馬よりややリードしているという見解です。

枠順を見てみても、キタサンブラックは、何かの幸運に導かれたかのように再度1枠1番。この舞台ならそう揉まれ込むリスクも低いでしょうから、非常にレースはしやすいかと思います。

その真隣の1枠2番を引いたのが絶好なのがゴールドアクター。キタサンブラックはそう簡単にはバテないですから、勝負どころでそれをパスすることに神経を使う必要なく、直線までその後ろをついていき、直線その外で出して追い出すというロスない競馬が出来る。最高の枠を引いたと言えるでしょう。

サウンズオブアース・シュヴァルグラン・マリアライトも、自身の力を出すには充分な枠かと思います。どの馬に本命をつける人にとっても、極端にガッカリするような枠順にはなっていないかと思います。

最終見解は返し馬終了後に譲りますが、事前予想を出すなら【人気ブログランキング】ですかね。

いずれにしても、パドック、そして返し馬で評価をガラリ一変出来る可能性が高いメンバーになっていると思います。そういう意味ではレース発走ギリギリまで予想で悩める、馬券好きな人には面白い有馬記念となりそうですね。

個人的には、1年の締め括り有馬記念。それが単勝だろうが馬連だろうが3連単だろうが、割り切った1点勝負に出来るような予想にまとめられるパドック・返し馬になってくれると嬉しいですね。

今年最後の中央競馬。皆さん、心ゆくまで満喫して下さい!

【注】年内にもう一度ブログを更新する予定です。土曜提供も開始するパドック会員のリニューアル告知などもありますので、もし宜しければ、年末年始、一段落した際に足を運んでいただけると幸いです。

【関連記事】有馬記念2016予想|ジャパンカップ組の評価
【必見】管理人愛用の競馬データベースKLANとは?
秋のG1も的中連発!口コミで大人気サイトの有馬記念無料予想は?

-競馬予想