001.競馬予想

有馬記念2016予想|ジャパンカップ組の評価

2017/01/14

今週のメインレースは有馬記念。

まずは今年も無事、楽しくこのレースを迎えられそうなことに感謝ですね。

有馬記念を楽しみに出来るということは、この一年、仕事や家庭、健康やお金に大きな問題なく過ごせたか、仮にそれらが起きたとしても無事に乗り越えられた、もしくは乗り越えようと前向きな気持ちになれているということ。

多くの人にとってまずは生活あっての競馬観戦・馬券購入ですから、有馬記念の週くらいは改めてそのことを認識、周りに感謝の気持ちを持つのも良いかと思います。

さて、その有馬記念。

他にもまだ出走してきて欲しかった馬はそれぞれいると思いますが、一応、それなりのメンバーが出走してきてくれたと言えるのではないでしょうか。

古馬は、牡馬からジャパンカップ2016の上位4頭、牝馬からマリアライト、ミッキークイーン、デニムアンドルビーといったG1実績馬。3歳牡馬からサトノダイヤモンド。別路線からアルバート、レースを盛り上げそうなマルターズアポジーと、馬券好きの人にとっても検討要素が多く楽しめるレースとなっているのではないでしょうか。

今週はもちろんこの有馬記念を展望。本日はまず、人気上位を寡占しそうなジャパンカップ2016上位4頭について展望していきます。

キタサンブラックの評価

まずは1番人気候補のキタサンブラック。

ご存知、昨年の有馬記念は3着でしたが、古馬になった今年は

大阪杯→2着
天皇賞(春)→1着
宝塚記念→3着
京都大賞典→1着
ジャパンカップ→1着

と、実績、レース内容共、昨年から一段とパワーアップ。昨年の有馬記念時より、総合点は1ランク以上上にあると言って良いでしょう。

特に評価したいのが前走のジャパンカップ2016。

元々私はジャパンカップ2016でキタサンブラックを高評価するつもりはありませんでしたが、パドック・そして返し馬を見て、パドック会員様向けの予想で本命評価。これまでから更に一段レベルアップしたと認識を変えています。

武豊騎手の完璧とも言えるエスコートがあったとはいえ、完勝と言って良いレース内容で、その姿が本物であることを証明。これまでも欠点の少ない馬でしたが、更にバランスの良さが増したと思っています。

今回の出走馬で総合点をつけるなら、キタサンブラックトップは揺るがないでしょう。極端なトラックバイアスになる、極端に揉まれる競馬になる、出遅れるなどのアクシデントがなければ、まず高い確率で好走してくるだろうと評しています。

ゴールドアクターの評価

ジャパンカップ2016でキタサンブラックと明暗を分ける形になってしまったのがゴールドアクター。

着順は4着、着差もそこまででないと字面だけ見れば悪くないですが、直線、手応えからパフォーマンスから注目を独占したキタサンブラックに対し、ゴールドアクターはそのキタサンブラックを負かせるかと期待させるシーンが全くなかった。着差以上に完敗と言えるレースだったでしょう。

ただ、有馬記念に向けて悲観しているかといえばそういう訳ではありません。

ジャパンカップ2016のゴールドアクターは、オールカマー2016を一度使って、想定していた以上に調子が上向いてきた。東京芝2400メートルのジャパンカップと中山芝2500メートルの有馬記念で、適性的に陣営は恐らく後者にピークの照準を合わせているはずで今回は更なる上積みが見込める。

その良化がある、という前提にはなりますが、仮にそうなれば、有馬記念で初めてゴールドアクターを高評価しても良いかなと思ったのが、ジャパンカップ2016終了後の率直な感想でした。

ただ、それを差し引いても、対キタサンブラックと比較すると、多少分が悪いかなというのも正直なところ。ゴールドアクターと同じく、キタサンブラックも更に上昇、有馬記念でいよいよ完成を迎えるかなという雰囲気もあるからです。

最終的な判断は当日のパドック・返し馬を見るまで何とも言えませんが、キタサンブラックを自力で負かすなら、好騎乗など、何らかの要素に恵まれる必要はあるかなと評しています。

サウンズオブアース・シュヴァルグランの評価

ジャパンカップ2016で、単勝10倍台ながら2~3着入線したサウンズオブアース・シュヴァルグラン。

2頭については概ね、有馬記念で馬券に絡む可能性は充分あるが、突き抜けるにはやや足りないという似たような評価です。
強いて比較するなら、サウンズオブアースの方がやや上位評価ですかね。

1つ目の理由は状態面。

京都大賞典2016を使って大分良化していたジャパンカップ2016のサウンズオブアースでしたが、それでも印象としては、「ここを使って有馬記念で更に良くなる」というもの。今回、前走より更にグンと良化してくる可能性が高く、そうなればジャパンカップ2016、有馬記念2015以上のパフォーマンスをする可能性が充分あります。

2つ目は騎手面。

シュヴァルグラン鞍上の福永騎手は今週から復帰。しかも、体調万全か疑わしい部分がある。また、ご存知の通り勝負師的な騎乗には欠ける部分がある騎手。自身と同等かそれ以上の総合力を持ったライバル馬がいつも以上のパフォーマンスをしてきた場合、その差が結果に響いてしまうでしょう。

シュヴァルグランに馬券圏内、特に連対以上を期待するとなると、絶好調だった阪神大賞典2016クラスの状況にあるか、展開に恵まれる必要があるという評価です。

サトノダイヤモンド含めたその他注目馬や有馬記念総評は枠順発表後に更新予定。公開希望の方は【人気ブログランキング】の応援クリックを宜しくお願いいたします。

【関連記事】有馬記念2016予想|枠順見解と総評
【必見】管理人愛用の競馬データベースKLANとは?
秋のG1も的中連発!無料予想がとにかく儲かると口コミで爆発の競馬スピリッツとは?

-001.競馬予想