001.競馬予想 056.フローラステークス

フローラステークス2017予想|オークス2017の惑星?ホウオウパフュームの評価

2017/04/24

今週、日曜東京のメイン重賞はフローラステークス2017。

桜花賞2017のソウルスターリング・アドマイヤミヤビ。皐月賞2017のファンディーナ。

高レベルと言われてきた今年の3歳牝馬クラシック戦線ですが、その主役馬たちがここへ来て軒並み期待を裏切るパフォーマンス。桜花賞2017を制したレーヌミノルは距離不安を抱えていることもあり、オークス2017戦線は一気に混沌としてきました。

そんな中、フローラステークス2017に登場するのがホウオウパフューム。

一部競馬ファンの間では早くから「オークスになればこの馬」との評価を集めており、主役級の馬がこぞって凡走を続けた今、集まる注目は更に大きくなっているでしょう。

本日は、フローラステークス2017で注目を集める、そのホウオウパフュームについて見解したいと思います。

ホウオウパフュームの評価

結論から言ってしまうと、ホウオウパフュームはオークス2017で充分上位争い出来る素質の持ち主だと評価しています。

以前と比較しオークスでの活躍馬を輩出するようになったフローラステークス。2007年のベッラレイア、2013年のデニムアンドルビー、2016年のチェッキーノなど、近10年優勝馬からはオークスはもちろんそれ以降の牝馬中距離戦線でも活躍した馬が出ています。

ホウオウパフュームは、少なくともオークス2017においては、これらの馬と同程度のパフォーマンスを発揮しうる総合力を感じます。

評価したくなるのはやはり、前走寒竹賞2017のパフォーマンス。

いくら少頭数とはいえ、中山芝2000メートルの4コーナーを大外回って直線入口最後方というのは、よほどのハイペースでない限り基本的にはノーチャンスになってしまう絶望的なコーナリング。そこから1つ上のギアを入れて桁外れの末脚を使い優勝するというのは、並みの馬では出来ない芸当です。

この時のパフォーマンスは、同じ中山芝2000メートルで行われた葉牡丹賞2016のレイデオロのよう、多くの人にインパクトを与えたでしょう。一部からオークス候補との声が挙がるのも納得です。

また、その寒竹賞2017時点で、これから使っていく過程においてグングン良くなっていくだろうという成長力の片鱗を感じさせたのも良い点です。

実際それがどれほどのものなのかは蓋を開けてみるまで分かりませんが、今回は前走よりパワーアップした姿で出走してくるのではと推測することが出来る。

実績馬フローレスマジックなどの出走もありますが、東京芝2000メートルへの適性、総合力、上昇度を考えると、フローラステークス2017はホウオウパフューム中心のレースになるだろうと現時点では考えています。

【本日20時締切!】2回東京会員募集中!5週間提供も通常価格のまま!
※詳細はこちらをクリックしてご確認下さい。

フローラステークス2017の穴馬候補は【人気ブログランキング】 で公開中!
※馬名はクリックしてご確認下さい。

【関連記事】
フローラステークス2017予想|穴馬を狙うなら13番人気以下?過去データ傾向から注目点をピックアップ!
フローラステークス2017予想|フローレスマジックなど上位人気馬の評価
フローラステークス2017回顧|オークス2017の有力候補現れず。12番人気モズカッチャン優勝で波乱の結果!

-001.競馬予想, 056.フローラステークス