02.予想/回顧

阪神牝馬ステークス2018予想/ソウルスターリングの評価

2018/04/09

明日、土曜阪神11Rで阪神牝馬ステークスが開催。

人気上位が想定されるのはソウルスターリング、リスグラシュー、ミスパンテール、アドマイヤリード。ヴィクトリアマイル2018の前哨戦らしく良いメンバーが集結しました。

当記事では、その有力馬の中からソウルスターリングについて評します。

ソウルスターリングの評価

ソウルスターリングはご存知昨年のオークス馬。

その前の桜花賞でも単勝1.4倍と断然の支持を集めたよう、現4歳牝馬世代では屈指の能力を持っていると評価されていた馬です。

そんなソウルスターリングですが、昨秋の毎日王冠8着、天皇賞秋6着、ジャパンカップ7着という結果を受け、評価が分かれるようになりました。

まずは、この一連の成績に対して正しい評価付けが出来るかどうかが、ソウルスターリングの取捨を当面適切に行えるかどうか、一つのポイントになるかと思います。

一連の結果は、ソウルスターリングに、近年で言うところのジェンティルドンナ級の活躍を期待していた人にとっては残念な結果と言えますが、いち3歳牝馬として評価すればそう悲観するものではないと私は考えています。

適性差を差し引いて考えても、今回人気を分け合うリスグラシューがこれら一連のレースへ出走していたらここまでの結果は残せなかったことをイメージすれば、そのあたり、分かりやすいのではないでしょうか。

さて、では阪神牝馬ステークス2018でソウルスターリングを高評価するかとなると……現状では評価保留です。理由は、懸念材料である仕上がり一つで、結果がどちらに転んでもおかしくないと考えているからです。

昨秋のソウルスターリングが競馬ファンの期待ほど活躍出来なかったのは、能力そのものだけでなく、その仕上がりにも大きな要因があったと見ています。

毎日王冠2017に現れたソウルスターリングは、春とは別馬でした。当時、それが良い方に転ぶのか悪い方に転ぶのか判断しかねていましたが、一連のパフォーマンスを見ると、それは少なくても良いものではなかったのだろうと今となっては判断しています。

ジャパンカップ2017から充分な間隔を空けて臨む今年緒戦。
そこから仕切り直しで良い状態で出走するには良い条件となっています。

ただ、藤沢厩舎には、今年早々、京都記念2018でのレイデオロの仕上げ失敗がある。
毎日王冠2017のソウルスターリング、京都記念2018のレイデオロと、素質馬のその期緒戦でこうも今一つの調整が続いていると、今回のソウルスターリングも同様の結果になる可能性も想定せざるを得ません。

状態さえ問題なければこのメンバーなら当然好勝負出来る総合力にあると見ていますが、仕上がり次第では想定以上のポカも充分あり得る。

阪神牝馬ステークス2018のソウルスターリング。その評価付けは状態を見てから判断するのが無難だと私は考えています。

阪神牝馬ステークス2018の現時点の注目馬を【人気ブログランキング】で公開中です。
※馬名やコメントの見方が分からない方はこちらの記事を参照下さい。

-02.予想/回顧
-, , , ,