02.予想/回顧

阪神牝馬ステークス2018予想/リスグラシュー、ミスパンテールの評価

2018/04/09

本日、阪神11Rで阪神牝馬ステークスが開催。

前回はソウルスターリングについて見解しましたが、今回はそのソウルスターリングと人気を分け合うことが想定されるリスグラシュー、ミスパンテールについて評します。

阪神牝馬ステークス2018有力馬短評

リスグラシューの評価

リスグラシューに関しては、今回取り上げる3頭の内、最も高評価しています。
阪神牝馬ステークス2018の事前予想をしろと言われれば、本命ないし対抗を打つことになるでしょう。

高評価の理由は、前走の東京新聞杯2018。

古馬牡馬相手に優勝したという結果自体、評価に値するものです。この時のリスグラシューは、加えて、いかにも斬れそうな馬体に造り変えてきたことで結果を出したのが好感。

昨年のリスグラシューは勝ち切れない結果が続いていましたが、リニューアルされた今年のリスグラシューは、昨年とは違ったキャリアを見せてくれるのでは?との期待に繋がりました。

前走の仕上がりがたまたま、下手をするとキャリアハイになる可能性も残る分、当日のパドックを見ていない事前予想の段階でさすがに本命を打てると言うことは出来ません。

ただ、元々の安定感に加えて、欠点の一つだった終いのパンチ不足も解消されるとなれば、今回のメンバー中、最も不安要素が少ないのはリスグラシューという評価となります。

ミスパンテールの評価

今年の飛躍という意味では、牝馬限定重賞連勝中のミスパンテールにその期待を賭けている競馬ファンも多いことでしょう。

ただ、私としては、前走時点の総合点としてはまだリスグラシューの方が上かなという印象を持っています。

リスグラシューの東京新聞杯2018が本格化への兆しを感じたのに対し、ミスパンテールの京都牝馬ステークス2018は、勢いの力を借りて何とかしたなという印象の方が強かった。

ターコイズステークス2017では鞍上横山典騎手の手綱捌きとある種の幸運が、京都牝馬ステークス2018ではエスティタート武豊騎手の仕掛けが、それぞれミスパンテールに上手く作用した部分があった点も無視することは出来ません。

そういうった意味で、ソウルスターリング、リスグラシュー、アドマイヤリードなど、一線級と激突する今回がミスパンテールにとっての試金石。これら一線級の馬をまとめて喰うなら、前走までの勢いはもちろん、前走から一段階レベルが上がっている必要があると見ています。

今後も無料記事の更新を希望する方は1日1回【人気ブログランキング】をクリックしランキング向上にご協力いただけると幸いです。

-02.予想/回顧
-, , , , ,