競馬予想

阪神JF2016予想|リスグラシューの評価

2017/01/14

今週のメイン重賞は阪神ジュベナイルフィリーズ2016。

前回は1番人気が予測されるソウルスターリングについて見解しましたが、本日はそのソウルスターリングと人気を分け合いそうなリスグラシューについて評していきます。

リスグラシューの評価

まずは、2着フローレスマジックと共に3着以下を3馬身半以上離すパフォーマンスをした前走アルテミスステークス2016の評価から。

メンバー構成を振り返ると、2着フローレスマジック以外は重賞としては今一つのメンバー。そういう意味で、この着差に字面ほどの価値があるかとなると疑問が残る部分はあります。

もう一つ気になるのが、フローレスマジック共々、2頭の末脚があまりに鮮やか過ぎたこと。ラップ云々でなく、展開・馬場がハマった部分があった可能性があるという点。

レースを見てまず思ったのが、同じ開催で数週前に開催された毎日王冠2016。ご存じ、ルージュバックとアンビシャスが鮮やかな末脚で突き抜けたレースです。

そのルージュバックとアンビシャスが、天皇賞秋2016であのような結果。その因果関係を一概に言うことは出来ませんが、当時の馬場でのあの脚を過大評価すると危険な部分があるかもしれないという視点は考慮しておきたいところです。

リスグラシューの33.5、フローレスマジックの33.3と合わせて、アルテミスステークスで同じく上がり3ハロン33秒台を計測したコーラルプリンセス(8着)が、次走赤松賞を制していることを考えると、大きく気にするほどの材料ではないと思いますけどね。

アルテミスステークスレース動画

リスグラシューを評価するにあたってもう一つ触れておきたいのは、レコード勝ちとなった2歳未勝利戦。

こちらはアルテミスステークスとは違い、インの絶好位から直線楽に抜ける競馬。インパクトとしても一定のものがありました。

馬群で脚を溜めてああいう競馬を出来るのは強みですよね。阪神芝1600メートルでああいった競馬が出来れば好走確率は高まりそうで、好走に一定の期待は持てると思います。

ただ、馬体重もそうですが、全体的に小さくまとまっているのがG1となると少し気になるところ。安定して走れはしそうなものの、勝ちきれるほどの馬体かとなると手放しに評価出来るほどではありません。

仮に本命を打つなら、体重増云々ではなく、馬体の成長を少しは見せて欲しいところ。それがないようなら、人気を考えると頭から買うほどの魅力には欠けるかなというのが正直な印象です。

阪神ジュベナイルフィリーズのレースイメージと合う馬ではありますが、総合的に考えると、それを確認出来ない事前予想としては対抗までかなという評しています。

【参考記事】阪神JF2016予想|ソウルスターリングの評価
【必見】管理人愛用の競馬データベースKLANとは?
秋のG1も的中連発!無料予想がとにかく儲かると口コミで爆発の競馬スピリッツとは?

-競馬予想