競馬予想

ジャパンカップ2016|菊花賞2016組の評価と総評

2016/11/27

2回にわたって展望してきたジャパンカップ2016ですが、本日が最後の更新。

今日は菊花賞2016組の評価と、各路線の見解を踏まえた上でのジャパンカップ2016総評を簡単に見解します。

菊花賞2016組からの出走は2着レインボーライン、4着ディーマジェスティ。まずはこの2頭について見解していきたいと思います。

ディーマジェスティの評価

まずは人気上位となりそうなディーマジェスティの方から。

ポイントは菊花賞4着をどう評価するかでしょう。

菊花賞のパドックを見る限り、セントライト記念を使った上積みは大きく調子はかなり良かった。それを考えると、京都外回りコースへの適性云々はあるにしても最低限3着は欲しかったところ。それが叶わずの4着で改めて思ったのは、マカヒキ・サトノダイヤモンドと共に牡馬3強と言われたものの、ディーマジェスティの総合力は2頭にやや劣るのかというもの。

皐月賞2016は、伏兵の気楽な立場で展開がハマっての優勝。
だからといってその価値が落ちる訳ではないものの、当時のように何らかの助けがない限り、同世代で言えばマカヒキやサトノダイヤモンドレベルの馬を地力で負かすほどの総合力にまではないと評価を改めました。

それを踏まえてジャパンカップ2016はどうか。

マカヒキ・サトノダイヤモンドは不在。2頭がいなければ近年最強世代と言われた牡馬3歳世代の筆頭馬ではありますが……斤量差を差し引いても、地力で全馬を負かすのは厳しいかなという印象です。

ジャパンカップが行われる東京芝2400メートルは、菊花賞が行われた京都芝外回り3000メートルより良い条件だとは思います。ただ、日本ダービー・菊花賞を見る限り、勝負どころの反応がどうしても鈍い。

一流馬相手にそこでロスした分を巻き返すだけの脚も現状ない印象。自分の力は安定して出すタイプなだけに一定以上の好走はするでしょうが、突き抜けるには、菊花賞2016からのパワーアップないし展開か馬場の助けが必要だろうという評価です。

レインボーラインの評価

次いでレインボーラインの評価。

近走は札幌記念3着→菊花賞2着。いずれも競馬ファンの期待以上のパフォーマンスをしています。それをどう評価するかがポイントになるでしょう。

札幌記念2016は古馬混合初挑戦で3着。
先着を許したのはご存じモーリスと、後にマイルチャンピオンシップで3着好走したネオリアリズム。当時はモーリス以外今一つなメンバー構成という雰囲気だったものの、結果的にはレベルが高いレースとなりました。

とはいえ、札幌記念2016時点で明確にG1級だった馬は、モーリスを除けば強いて挙げてヌーヴォレコルト程度。サトノダイヤモンド・ディーマジェスティ以外は今一つのメンバーだった菊花賞もそうですが、決してプレッシャーの大きいレースではありませんでした。

今度はジャパンカップ。
超G1、というほどのメンバーにはなっていないものの、少なくともここ数戦のメンバー構成より遥かに強力。それで、レインボーラインにとって決して良い舞台とは思えない東京芝2400メートル替わり。

ルメール騎手への乗り替わりで鞍上強化という認識をしている人もいるかと思いますが、その点も、今回は期待ほどの上積みは期待できないかなという印象。札幌記念・菊花賞共に、勝負どころからロスなく、福永騎手はかなり上手く乗っている。ルメール騎手に替わったところで大幅なパフォーマンス増は望めそうにありません。

レインボーライン自体、イメージより良い馬であるのは確かだと思います。掲示板以上もあるかなとは思いますが、3着、連以上となると、積極的に買いたいほどの評価は与えづらいという印象です。

ジャパンカップ2016総評

3回にわたって見解してきたジャパンカップ2016ですが、そのいずれの評価も歯切れの悪いものであった通り、高い評価を与えたい馬は皆無。現時点でお金を賭けたいなと思えるだけの馬はいないというのが正直なところです。

その思いに拍車をかけるのは、今の東京芝コースと当日の雨予報。

今の東京芝コースは、ただでさえ直線の騎手の進路取りが着順に与える影響が大きい。加えて明日が雨予報となれば、どのコースが伸びる馬場となるかは全く見当がつかない。1時間前と1時間後で全く違う位置が伸びるような馬場になっている可能性もあり、不確定要素がかなり大きいです。

枠順を見ても、天皇賞秋2016のエイシンヒカリではないですが、まるで仕込まれたかのようなキタサンブラックの1枠1番。人気を加味しなければ高めの評価をしても良いかなと思っていたリアルスティールも、自身にとってマイナスな枠。

レースが行われる限り必ず1着~3着馬が出る訳ですが、相当高い予想能力を持っている人でない限り、予想力よりも運が結果に与える影響が多いレースとなってしまうのは確かでしょう。

当日の状態や気配、トラックバイアス次第で考えが変わる可能性はありますが、前日時点としては馬券購入は見送りがベスト、買うにしても少額にすることを推奨します。

そんな状況なだけに、強いて挙げるなら、の前提にはなりますが、前日予想からのジャパンカップ印候補を挙げるなら【人気ブログランキング】の4頭となります。興味ある方はクリックしてコメント欄の馬名を確認下さい。

【5回中山会員募集開始!】
いよいよ来週から今年最後の競馬開催。有馬記念まで、パドック会員様はもちろん募集させていただきます!詳細は【こちらをクリック】してご覧ください。

来年からは提供対象レースやプランに若干変更することも検討中です。この形式で提供することは最後になる可能性もございますので、リアルタイムで特別レース中心に馬券購入させる方は、是非参加をご一考下さい。

【必見】管理人愛用の競馬データベースKLANとは?
秋のG1も的中連発!無料予想がとにかく儲かると口コミで爆発の競馬スピリッツとは?

-競馬予想