競馬予想

京成杯オータムハンデ2016予想|ダノンプラチナ・ロードクエストの評価

2016/09/22

ダノンプラチナ対ロードクエスト。

今週末、セントウルステークス2016のビッグアーサーに劣らない注目を集めている、京成杯オータムハンデでの2頭の対決です。

近年最強とも言われる今年の3歳牡馬世代ですが、夏競馬での該当馬の活躍でその印象が更に強まっているところ。そんな中、これまで登場した3歳馬の中でトップレベルと言える、世代セカンドグループ上位のロードクエストが登場。注目が集まるのも当然です。古馬トップクラスのダノンプラチナにどこまで通用するのか?秋競馬を占う上で、重要な参考レースの一つとなるでしょう。

今日は、そんな2頭を中心に京成杯オータムハンデ2016を展望していきたいと思います。

ダノンプラチナの評価

まずは、先輩であるダノンプラチナ。

ポイントの一つは、東京新聞杯2016の敗戦をどう評価するかでしょう。スマートレイアーはまだしも、エキストラエンドやマイネルアウラートに敗れての4着は、字面だけを見ると期待外れの印象を受けます。しかし、それによって評価を極端に落とす必要はないと私は思っています。

理由は2つ。

1つ目は、当時の東京芝コースは、逃げ先行、直線インを通った馬がかなり有利な馬場状態だった点。しかも、東京新聞杯2016は逃げ先行馬が手薄で、それがより結果に反映されるだろうとレース前から推測されていました。

案の定、逃げたスマートレイアーが優勝。2~3着も、道中2番手3番手の馬が入れ替わっただけ。更に言えば、5~6着も道中の位置取り通りに雪崩れ込んだだけでした。

そんな中、後方から唯一 、外を通って追い込んできたダノンプラチナ。馬場・展開に泣かされるのは予想通りとも言え、推定上がり3Fの33.0での4着なら及第点は与えて良いという評価です。

しかもその結果は、香港帰りでプラス11キロ、良い頃と比較して70点の状態で残したもの。この2点を理由に、私はダノンプラチナを、あの一戦だけで見限っていません。

着順は今一つでしたが、乗り方一つで上位とかなり際どいところまでこれたはずの香港マイル2015。あれを見ると総合力はなかなかのもの。間隔を空けて立て直し、成長してくれば、古馬芝マイル路線の主役になれるだけの可能性は充分。巻き返してくる可能性、あると見ています。

香港マイル2015レース動画

ロードクエストの評価

そのダノンプラチナと人気を分け合うのがロードクエスト。

クラシックでは、2歳時に期待されたほどの結果を残すことは出来ませんでしたが、今年のメンバーで、自身にとってやや適性外の舞台での勝負だったことを考えると致し方なし。適距離だったNHKマイルカップ2016にしても、あの展開、あの位置から、4コーナーをああいう騎乗ではその時点でノーチャンス。それでいて2着に来たのは逆に評価出来ます。同レース3着だったレインボーラインが札幌記念2016で3着したのを言うまでもなく、古馬G3級の相手とは充分に戦える総合力にはあるでしょう。

ロードクエストに対して競馬ファンが気がかりな点は、中山コースへの適性でしょうか。脚質が脚質ですし、戦績を見ても実際優勝しているのは東京芝、新潟芝と直線の長いコース。 ホープフルステークス2015の2着はともかく、スプリングステークス2016の3着で心証が悪い人も多いと思います。

ですが、私は、ロードクエストの中山適性、全く問題ないと思っています。

ロードクエストは、追い込み馬ながら機動力が非常に高いタイプ。加えて、一瞬の加速力に優れている。直線の短さがビハインドになるタイプではありません。回りの巧拙はともかく、直線の短さをマイナス要素とする必要はないでしょう。

ダノンプラチナとロードクエストの2頭で堅いのか?

では京成杯オータムハンデ2016はこの2頭で堅いのか?そう聞かれれば、オッズほどの期待値にはないというのが正直な印象です。

2頭共優勝する力は充分持っているものの、開幕週の中山芝マイル戦でこの脚質はやはり気になる要素。過去10年の結果を見ても、単勝回収率が最も悪いのが差し馬、複勝回収率が最も悪いのが追込馬と、積極的には買いづらいところがあります。
※データは無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】 を参照しています。

これがまだどちらかが先行馬ならもう一方がそれを目標に運びやすくなるので話は変わってくるのですが、有力馬が共に追込馬の場合、逃げ先行・インを通った馬が有利になる展開が多くなります。2頭共馬券圏外へ消えても不思議ではありません。総合力は認めつつも、馬券的な魅力となると欠ける印象です。

他有力候補となるダノンリバティ、トウショウドラフタ、ラングレーあたりも揃って似たような脚質。しかも中山芝1600メートルへの適性も疑問。下位人気馬とはやや力量差のあるメンバー構成ですが、1頭くらい穴馬が割って入っても不思議ではないでしょうね。

とはいえ、積極的に狙いたい馬も、予想のとっかかりもないレース。せっかくの秋競馬開幕週ですが、残念ながら馬券は見送りが無難なレースだと思います。強いて買うなら、【人気ブログランキング】といったところでしょうか。多少でも人気が割れる分、一定の期待値であるとは思います。

ただ、あくまで、期待値に欠けるレースだと印象に変わりなし。秋競馬開幕を待ち侘びていた人も多いと思いますが、開幕初週の重賞、ハリキリすぎていきなり大きなマイナスを出すことだけはないよう、気をつけて下さい。

先週は虎石晃が9番人気ロンギングダンサー本命で相手2頭が1、2着の完璧予想!
口コミで大爆発!とにかく儲かる無料予想が評判の競馬スピリッツとは?[PR]

-競馬予想