02.予想/回顧

ジェネラーレウーノ、コズミックフォースの今後は?/京成杯2018回顧

2018/01/17

京成杯2018は1番人気ジェネラーレウーノが優勝。

2番人気コズミックフォースも2着で賞金加算。
これで共にクラシックへのローテーションの計算が立ちやすくなりましたから、陣営としては満足の結果と言えるでしょう。

ジェネラーレウーノ、コズミックフォースの今後は?

肝心のレース内容ですが、1着ジェネラーレウーノ、2着コズミックフォース共、想定より良いパフォーマンスをしたという印象でした。

そうは言っても強いインパクトを受けた訳ではありませんから、注目馬の多い今年の牡馬クラシック路線でとなると、残念ながら今後は厳しい戦いになる見通しです。

これが、ジェネラーレウーノが京都新聞杯、コズミックフォースが共同通信杯あたりに出走するのであれば、人気次第で△を検討しますけどね。

ここで賞金加算しておいてその辺のレースに出走する可能性は薄いでしょうから、急成長がない限り、今春の馬券という意味ではここでお役御免かなという印象を受けました。

今春の馬券という点では、ダブルシャープの方がまだチャンスはあるでしょうか。

今日は勿体ない競馬で残念な結果となってしまいましたが、状態面は過去最高。この状態を維持することが出来れば、共同通信杯あたりなら条件次第で馬券圏内の可能性は残していると思います。

もう1頭注目馬を挙げるなら3着のイェッツト。

伏兵馬の中で最も上積みが大きいとパドック後に指摘しましたが、その結果3着入線。

勝負どころでごちゃつき、直線も狭いところを割ってくると、1戦1勝馬の重賞挑戦としては非常にタフな状況だったことを考えるとこの結果は合格点でしょう。

本格化はまだ先でクラシック云々ではないでしょうが、大事に育てていけば、長い期間、それなりの活躍が期待出来るのではないかと思います。

-02.予想/回顧
-,