競馬予想

菊花賞2016予想|サトノダイヤモンド・ディーマジェスティの2強で決まるのか?

2016/10/23

今週は牡馬クラシック最終章、菊花賞2016。

メジャーエンブレム、チェッキーノ、シンハライトが不在となった秋華賞2016に対し、凱旋門賞に挑戦したマカヒキこそ不在なものの、菊花賞2016にはサトノダイヤモンド・ディーマジェスティが前哨戦を制して登場。注目馬が順調に無事出走してくれたのは何よりですね。

レース最大のポイントは、そのサトノダイヤモンド・ディーマジェスティの2強で決まるのかどうか。

今日はまずその点について見解していきたいと思います。

サトノダイヤモンドの評価

まずは、僅差ながら1番人気となることが予測されるサトノダイヤモンドから。

神戸新聞杯2016後にも回顧しましたが、期待していた春からの成長に関しては、少なくとも神戸新聞杯2016出走時の馬体を見る限り期待外れ。多少の成長はしているものの、総合力で春からの大きな上積みはないと評しています。

レース内容にもそれが表れており、サトノダイヤモンドの最大の弱点である瞬発力にも持続力にも欠ける点も解消されないまま。

菊花賞は、過去の結果を見ての通り、展開や馬場次第では高い瞬発力を求められることもあるレース。

その点が解消されていないとなると、皐月賞3着、日本ダービー2着同様、一定以上には好走するものの勝ちきれないという結果になる可能性は引き続き残ると見ています。どういった印を打つのかだけでなく、どういった馬券の買い方をするのかという視点でもよく考える必要があるでしょう。

後は当日のパドックと返し馬に注目。

神戸新聞杯では大きな成長は感じられなかったものの、使って良くなる雰囲気は見て取れた。使った効果がどの程度あるのか。最終的な評価はそれを見てから行うのが無難でしょう。

ディーマジェスティの評価

そのサトノダイヤモンドと人気を分け合うのがディーマジェスティ。

こちらもサトノダイヤモンド同様、セントライト記念2016でのパドックを見る限り、春から大きな成長は感じられず。4コーナー手前から上がっていく際は完勝する雰囲気があったものの、結果手応えほど着差をつけられなかった点にもそれが表れていました。

きっちり勝ったこと自体に一定の評価は与えられますが、プロディガルサンに並びかけられたことも、ゼーヴィントに最後まで食い下がられたことも物足りない印象です。

日本ダービーで3着止まりだったのは、コース取りの影響もあったものの、G1優勝級のスピードと瞬発力にやや欠ける面が影響したのは確か。京都芝外回り3000メートルでそれを求められることになる可能性を考えると過信禁物でしょう。

馬場が良い状態での京都芝外回りとなれば、基本的には内枠の馬を狙いたくなりますが、脚を溜めに溜めたところでスピードと瞬発力に限界のあるディーマジェスティ。包まれて直線まで動けなくなる可能性のある内枠よりは、自ら早めに動ける枠が欲しいですね。

菊花賞2016はサトノダイヤモンド・ディーマジェスティの2強で決まるのか?

このように、2強で絶対だというほど磐石な印象ではないサトモダイヤモンドとディーマジェスティ。

「2強対決は2強で決まらない」という古い格言もありますし、馬連オッズ3倍前後になると見立てると、その組み合わせで勝負するほどの期待値にはないというのが現時点での見解です。

展開面から考えても、どちらかが有利になる展開においてはもう一方が厳しくなるパターンも多々あります。2頭の地力が上位なのは認めますが、他馬が付け入る隙も充分あるでしょう。

次回以降の更新では、その隙を突ける馬がいるのかどうか探っていきたいと思います。

菊花賞2016、2強の比較でどちらを上位に採るかは【人気ブログランキング】内で公開中!

菊花賞2016のデータは管理人愛用のKLANを使えばバッチリ!
口コミで大爆発!とにかく儲かる無料予想が評判の競馬スピリッツとは?

-競馬予想