競馬予想

菊花賞2016予想|神戸新聞杯組の評価

2016/10/23

前回の「菊花賞2016予想|サトノダイヤモンド・ディーマジェスティの2強で決まるのか?」に続き、本日も菊花賞2016を展望。

今日は、登録馬が最も多く、2強に続く人気をズラリと構成しそうな神戸新聞杯2016組について見ていきます。

サトノダイヤモンドを除くと、神戸新聞杯組で菊花賞登録があるのは

2着ミッキーロケット
3着レッドエルディスト
4着カフジプリンス
5着エアスピネル
7着アグネスフォルテ
8着イモータル
10着ジョルジュサンク

素直に考えると、この中で菊花賞2016で好走圏にあるのは5着エアスピネルまでと考えるのが妥当かと見ています。それらの馬たちの評価を着順順に見ていこうと思います。

神戸新聞杯2016レース動画

ミッキーロケットの評価

まずは2着ミッキーロケット。

神戸新聞杯をリアルタイムで観戦していた人の中には、直線半ばこの馬を脚を見た瞬間、サトノダイヤモンド負けか?と思った人も多かったはずです。あの脚は充分なインパクトがあり、それをどう評価するかで、菊花賞でのこの馬の評価が分かれるところでしょう。

私はといえば、馬券的な狙い目は前回だったのかなと思っています。

神戸新聞杯時のミッキーロケットはマイナス10キロ。しかもレース運びもかなり上手くいった。

京都芝外回り3000メートルへの適性が抜群に高い訳でもないので、当日のパドック・返し馬がよほど良いでもない限り、前走から今回にかけて大幅にパフォーマンスが上昇する要因がないからです。

前走のパフォーマンスは一定の評価を与えられますが、上積みをもって菊花賞へ参戦してくる馬たちを相手にまた先着出来るかとなると、人気差ほど他馬との好走率の差はないかなと見ています。

レッドエルディストの評価

上積みという面ではミッキーロケットを上回りそうなのが3着レッドエルディスト。

前走はいかにも休み明けといった仕上げ。それでいての3着は及第点を与えられますし、今度はそこを使った上積みもあるでしょう。

ただ、春から大きな成長がなかったのは残念な材料。

その春が、青葉賞2着→日本ダービー9着。トライアルは見せ場あるパフォーマンスをしたものの、本番となると総合力がやや足りないなという内容でした。

適性面を見ても、京都芝外回りだと、瞬発力、そしてスピードがやや不足している印象。秋もまた、神戸新聞杯3着→菊花賞は掲示板外と、ステップレース好走→本番力足らずの結果になっても何の驚きもありません。

人気が僅差の3~5番人気あたりに着地しそうとなると、積極的に馬券を買うほどの期待値にはないかなという評価となります。

カフジプリンスの評価

ゴール手前の脚が最も際立っていたのが4着カフジプリンス。

直線、追い出しが遅れていなければ3着は充分あったでしょう。そのことは多くの競馬ファンも分かってるでしょうし、札幌芝2600メートル阿寒湖特別5馬身差圧勝の印象から、菊花賞2016の惑星はこの馬と考えている人も多いことかと思います。

前走のパドックで使って更に良化する雰囲気もあっただけに、私も注目している1頭ではあります。

ただ、では積極的に買いたいかとなると、そこまでの気持ちはないというのが正直なところ。

カフジプリンスの持ち味は長く良い脚を使えることですが、近年の菊花賞を見る限り、それが活きるにはよほど展開が向かないとならない。

近年の菊花賞で求められることが多いのは持続力よりも瞬発力、持続力が求められるケースにしても、スタミナベースではなくスピードベースの持続力の方。カフジプリンスの持ち味とは異なります。

展開予測や当日の馬場から、その持ち味が活きる条件となれば積極的に狙うも一考ですが、そうでないなら、前走からの上積みがよほどない限り、惑星としての期待ほどのパフォーマンスを発揮出来ないシーンもあり得るでしょう。

エアスピネルの評価

最後に、当時2番人気を裏切った5着のエアスピネル。

G2で馬券圏外となったのは初めてで、これをどう判断するかで菊花賞での評価も大きく変わるでしょう。

武豊騎手の好騎乗があって4着だった日本ダービー2016当時から、芝2400メートルは距離が長いと言われていました。神戸新聞杯2016、最後に脚が止まっての5着で、それに更に確信を強めた競馬ファンは多いはずです。

菊花賞はそこから更に距離が伸びた京都芝外回り3000メートル。さすがに距離が長すぎるというのが素直な思考でしょう。実際私も、距離に関してはそう考えます。

ただ、では好走の目が全くないかとなると、僅かではあるものの、その可能性は残っていると見ています。

結果論にはなりますが、前走の5着は、武豊騎手があの位置取りをした影響がかなり大きい。皐月賞・日本ダービーとサトノダイヤモンドと戦い、まともにやったら勝てないと判断した武豊騎手が、サトノダイヤモンドを負かすための少ない可能性を探った上での戦術。それが裏目に出てしまった訳ですね。

最後の脚を見る限り、エアスピネルではいくら脚を溜めたところで芝2400メートルでは良い脚を使えないというのはあれで分かったはず。

となれば今度は、神戸新聞杯と比較するといくらかでもチャンスを感じられた日本ダービーの早め抜け出しより、更に早い抜け出しをしてくる可能性が生まれます。極端な話、逃げの手に出る可能性さえあるでしょう。

逃げとなると目標となってさすがに苦しくなってしまうものの、2番手追走あたりから直線早めの抜け出しをするようなら、2強が牽制しあうないし、ごちゃつくなど何らかの理由で動けないシーンがあるようなら、その隙をつける可能性は残ると見ます。前走の敗戦により、エアスピネルに対するマークも薄くなるでしょうからね。

ディーマジェスティ・サトノダイヤモンドが一夏越して大きな成長がなかったのに対し、エアスピネルは一夏越して完成度が増してきたのが見て取れた。

距離が長いのは明らかですが、有力馬の中で春からの上積みが最も大きいのはエアスピネルなだけに、武豊騎手が奇跡的なエスコートをすればチャンスは残っていると見ています。

菊花賞2016・神戸新聞杯組の総評

神戸新聞杯2016上位各馬について見てきましたが、いずれの歯切れの悪さを見ての通り、正直各馬一長一短、パドックや返し馬を見る前の時点で積極的に狙いたい馬はいないというのが正直なところです。

また、これは神戸新聞杯組の評価だけに限った話ではありませんが、菊花賞2016をどういった馬券で臨もうとしているのかによっても各馬の印は変わってくるでしょう。

サトノダイヤモンド・ディーマジェスティの1角崩しを期待したいなら、凡走する確率が高かろうが、一発がある馬を狙う必要がある。

サトノダイヤモンド・ディーマジェスティの1-2着固定で3着ヒモを狙うなら、2強を負かす可能性はかなり低くとも、3着入線なら期待値が高いと思える馬を選出する必要がある。

どのレースにおいても言えることですが、菊花賞2016は特に、馬券構成ありきをベースとした予想をする必要があるレースと言えるでしょうね。

その辺の私の見解は【人気ブログランキング】内で公開しておきます。興味ある人は除いていって下さい。

菊花賞2016のデータは管理人愛用のKLANを使えばバッチリ!
口コミで大爆発!とにかく儲かる無料予想が評判の競馬スピリッツとは?

-競馬予想