競馬予想

菊花賞2016予想|セントライト記念組の評価と総評

2016/10/23

2回にわたって展望してきた菊花賞2016も本日が最後の更新。

今日は、セントライト記念2016組の評価と、菊花賞総評について書いていきます。

優勝したディーマジェスティを除くと、セントライト記念組で菊花賞へ登録があるのは

3着プロディガルサン
7着マウントロブソン

まずはこの2頭について見解していきます。

セントライト記念2016レース動画

プロディガルサンの評価

3着プロディガルサン。

セントライト記念2016では、一瞬ディーマジェスティを交わしかける内容。スケール感ある走りをする馬で、いかにも距離延長で狙いたくなるタイプ。この馬を菊花賞の穴馬として挙げる人も多いかと思います。

ただ、京都芝外回りで求められる瞬発力にはどうしても欠ける印象。

私自身、セントライト記念2016で注目馬に推したよう素質には一定の評価を与えていますが、この1ヵ月間で急成長を見せない限り、その適性差を埋めるには、よほど展開に助けられる必要があるかなと見ています。

この馬が好走出来る馬場、そして展開になるか、好走するには条件がかなり揃う必要があるでしょう。枠も、ちょっと厳しいところを引きましたね。

マウントロブソンの評価

7着マウントロブソン。

前走はプラス18キロ。明らかな余裕残しでの出走となったのが明確な敗因で、この敗戦一つで評価を大きく落とす必要はないでしょう。

ただ、こちらもプロディガルサン同様、京都芝外回りで求められる瞬発力にはどうしても欠ける印象。

スプリングステークス1着、皐月賞6着、日本ダービー7着と、世代セカンドグループ上位の力を持っているのは確かなものの、その適性面はどうしても気になるところ。内よりの枠順が合うタイプの馬なだけに、この大外枠も、プロディガルサン以上に苦しい印象。

肝心の出来の方も、前走あれだけ余裕残しだと、一叩きで変わるのか疑問が残るところ。

当日のパドックを見ないと何とも言えない部分ではあるものの、前予想の段階で積極的に買いたいと思わせるだけの材料は見当たりません。

条件戦連勝組の評価

今年の菊花賞出走馬の特徴の一つに、500万下→1000万下と連勝してきた馬が3頭登録してきているという点があります。穴馬として注目している人もいると思うので簡単に触れていきます。

総論としては、いずれの馬であれ、馬券に絡むのは容易ではなさそうということ。

過去5年の菊花賞の結果を見ると、神戸新聞杯・セントライト記念以外のレースから馬券に絡んだのは、2014年のゴールドアクター(3着)、2013年のバンデ(3着)の2頭のみ。

ゴールドアクターのその後の活躍は説明不要。バンデにしても、翌年の阪神大賞典でサトノノブレスやヒットザターゲットに先着して3着入線しているよう、早めの引退さえなければ、重賞の1つや2つは楽に取れていた馬。

クラシックはなんだかんだ、どのレースも主要ステップレースを使ってきた馬が圧倒的な成績を残す舞台。近年のこの傾向を見ると、別路線から参戦して馬券に絡むには、後にG1やG2で主役を張りうるレベルの馬でないと苦しいということでしょうね。

特に今年の牡馬はまだ2歳の頃から高レベルと言われてきた世代。その王道を歩み続けてこれた馬の総合力は、他とは一線を画しているのではと評価しています。

ウムブルフ・シュペルミエール・ジュンヴァルカン。いずれも良い馬であるのは確かです。将来的にはオープンで馬券に絡んでも全くおかしくありません。

菊花賞で馬券に絡めるかとなると、せめてセントライト記念・神戸新聞杯には間に合って、そこで一定の結果を出しておいて欲しかったというところ。前走からよほど大きな上積みがないと苦しいというのが総論となりますね。勢いに乗った急成長があるかどうか。パドック・返し馬で要確認です。

菊花賞2016総評

サトノダイヤモンド・ディーマジェスティ含め、歯切れの悪い評価が続いてしまった菊花賞2016出走馬ですが、下記データを見る限り、有力な伏兵もいないとなれば、結局は上位人気馬で決まるのかなと思っています。

菊花賞過去5年の単勝人気別成績
1番人気 3-0-1-1
2番人気 0-2-0-3
3番人気 1-0-2-2
4番人気 0-1-0-4
5番人気 1-2-0-2
6番人気 0-0-0-5
7番人気 0-0-2-3
8人気下 0-0-0-55
※更に詳しいデータはKLANを参照

過去5年、連対馬は全て5番人気以下。3着まで広げてみても7番人気が2頭いるのみで、8番人気以下は用無しの結果。

京都芝外回り3000メートルという特殊な舞台。ついつい長距離適性の高そうな馬などを狙いたくなってしまうところですが、近年の傾向を見る限り、昨年のリアルスティールをはじめ、結局は総合力上位の馬が台頭していますからね。

となるとやはり、ケチをつけたくなる前哨戦の内容ではあったものの、サトノダイヤモンド・ディーマジェスティが有力であることは揺らがないでしょう。

人気ほど盤石ではないものの、妥当にいくならどちらかに本命を打つのが無難。以下の印、馬券構成は、各々の馬券観によってという形になるでしょうかね。

肝心の私の印は【人気ブログランキング】のコメント欄で公開中。

2強の順列づけは非常に難しいところですが、枠順構成を重視してこの形。2強の順列、伏兵馬の順列、いずれも大差ないだけに、後はパドック・返し馬を見て調整ですね。

菊花賞2016のデータは管理人愛用のKLANを使えばバッチリ!
口コミで大爆発!とにかく儲かる無料予想が評判の競馬スピリッツとは?

-競馬予想