02.予想/回顧

きさらぎ賞2018予想/ダノンマジェスティの評価

今週日曜はきさらぎ賞2018が開催。

注目は何といってもダノンマジェスティでしょう。

この世代のダノン冠と言えば無敗で朝日杯フューチュリティステークスを制したダノンプレミアムが挙がりますが、それ以上の素質との意見がデビュー前に一部から出ていた程の馬。実際、その評判に違わないとんでもない加速を初戦で見せています。

プレミアム同様、春G1を盛り上げる1頭になるのか。ここでのパフォーマンスに大いに注目が集まります。

ダノンマジェスティの評価は?

ダノンマジェスティについては、クラシック上位人気級の素質を持った馬だと思っています。

少なくとも、今回この馬と人気を分け合うことが予想されるカツジ、グローリーヴェイズとは一枚素材が違うという評価です。

ただ、ではきさらぎ賞2018で鉄板の存在かと聞かれると、そうとも考えていません。

現状、馬がまだまだ子供だからです。

前述ダノンプレミアムや、2年前のこのレースの覇者サトノダイヤモンドなどは、この時期で既に一定の完成度を誇っていました。それらと比較すると、ダノンマジェスティはまだまだ幼い面が目立ちます。

馬体面はもちろんのこと、初戦のラスト、加速するまでに時間が掛かったこと、加速するのに外へ外へといってしまった点辺りにその点が表れていたかと思います。

今回、前走からどれだけ成長しての出走となるかは当日にならないと分かりませんが、予測としては、昨年のサトノアーサーレベルの完成度での出走となるのではと見立てています。

馬場の影響があったとはいえ、そのサトノアーサーは昨年、単勝1.4倍の圧倒的支持を集めたものの2着止まりの結果。

ダノンマジェスティはサトノアーサーよりも上の素質を持っていますが、揉まれる可能性のある15頭という登録馬、キャリアの浅い松若騎手鞍上予定と、幼さが露呈した際の不安材料を持っての出走となります。

その状況で果たして、ダノンマジェスティは優勝という結果を残すことが出来るのか?

既に多くの有力馬が名を連ねている今年の牡馬クラシック路線ですが、それを更に一段と盛り上げる為に個人的にはダノンマジェスティに良いパフォーマンスで優勝してもらいたいと思っていますし、その可能性は充分あるとも思っています。

本日も【人気ブログランキング】に次走注目馬を新規公開。興味ある方はご覧下さい。
※馬名やコメントの見方が分からない方はこちらの記事を参照下さい。

-02.予想/回顧
-, ,