02.予想/回顧

共同通信杯2018回顧/クラシックが厳しくなったグレイル

2018/02/14

共同通信杯2018は6番人気オウケンムーンが優勝。

2着が3番人気サトノソルタス、3着に10番人気エイムアンドエンドが入る波乱の決着となりました。

成長なしでの出走となったグレイル…

その共同通信杯2018。

直前の京都記念のレイデオロのあれがあっただけに、「グレイルは頼むよ…」と思いながらレース観戦していた人も多かったと思います。

そんな人の多くは、優勝争いを見届ける遥か手前、直線半ばで絶望的な気持ちになってしまったことでしょう。

その発走より更に25分前。私も早くも悲しい気持ちとなっていました。

事前予想で指摘したよう、私はグレイルはクラシック上位人気級の素質を持っていると評していました。

しかし、それはあくまでグレイルの素質自体であり、その素質に全く中身が伴っていなかった京都2歳ステークス2017時点の馬体、パフォーマンスでは、とてもクラシックには足りないという評価でした。

間隔を開けて臨む今回。だからこそ、その期間中に成長し、その素質に実が入っての出走となってくれることを期待して待っていました。

しかし、パドックに現れたのは、当時から全く成長のないグレイル。

先週のきさらぎ賞2018のダノンマジェスティと全く同じパターン。素質が高く成長を期待している馬が、全く成長なく登場するのを見ることほど悲しいものはそうありません。

馬券だけでなく、レース観戦としての競馬も好きな会員様の中にも、私がグレイルをそのように評した瞬間、残念な気持ちになった方もいらっしゃったのではないでしょうか。

前述の通り、グレイルは現状、馬体に全く実が入っていません。その状態での競走となれば、7着の結果も致し方なしでしょう。

ダノンマジェスティのようなショックが残る負け方ではないのがまだ救いですが、今回、京都記念のレイデオロ以上に全く見せ場がありませんでしたからね。それなりのレベルの馬を相手に戦うことになるここから先は、その素質に実が入るまで馬券は見送りが無難でしょう。

逆に言えば、この敗戦で次走以降大きく人気を落とすはず。実が入ったタイミングでは美味しい馬券になるはずなので、今後はそのタイミングでの狙い撃ちに焦点を合わせたいです。

武豊TVの新年会でデムーロ騎手も言っていましたが、3歳馬は、昨冬~今春にかけて成長があるかないかがクラシックの明暗を分けます。

ダノンプレミアム、ワグネリアン、タイムフライヤー、オブセッション等。昨年末時点でクラシックを期待されていたこの馬たちは、良い成長を見せていることを願います。

ステイフーリッシュについては[最強]競馬ブログランキングででコメント済。まだご覧になっていない方は是非覗いていって下さい。
※馬名やコメントの見方が分からない方はこちらの記事を参照下さい。

-02.予想/回顧
-, , ,