02.予想/回顧

京都記念2018予想/アルアインの評価

2018/02/13

今週日曜、京都のメインレースは京都記念2018。

京都記念2018予想/レイデオロの評価と馬券期待値
こちらの記事に続き、本日は同世代の皐月賞馬アルアインについて評します。

アルアインの評価

アルアインは昨秋、セントライト記念2着、菊花賞7着という結果。

期待された結果を残せたかとなると微妙なところですが、セントライト記念は非常に良い内容でしたし、菊花賞も極悪馬場でも大崩れしなかったことを考えると、及第点の評価は与えられると思います。

菊花賞はダメージの残る競馬だったでしょうから、ジャパンカップや有馬記念を使わずそこから間隔を開けたのは、今年以降のキャリアを考える上では非常に良かったと思います。

さて、アルアインにとって今回の最大のライバルは同世代のダービー馬レイデオロ。正直昨秋で、格の面で1枚水を開けられてしまったかなという印象です。

レイデオロは今の現役馬でランク付けするとS級評価を付けられる可能性のある馬。それと比較してアルアインA級止まり。

アルアインは自分の力を常に安定して発揮出来る替わりに、自身の力以上のものを発揮する爆発力は持っていないというタイプ。素直に考えると、レベル高いガチンコレースで、アルアインがレイデオロに先着出来る回数はかなり少ないと見ています。

レイデオロに関する記事内で、レイデオロ以外の馬に本命を打ってレイデオロにぶつけるという馬券構成を紹介しましたが、爆発力のないアルアインは、その視点から考えた時の本命馬候補としての魅力には欠ける印象です。

それなりの印を打っておくのが無難なアルアイン

「レイデオロを逆転出来るのか?」という観点で考えるとそんな評価になってしまうアルアインですが、京都記念2018で予想印を打てと言われたら、無印にする可能性が最も低い上位人気馬もアルアインです。

前述の通り、アルアインは自分の力を常に安定して発揮する馬。

極悪馬場となったシンザン記念2017、菊花賞2017。施行条件、ラップとも適性が今一つだった日本ダービー2017を除けば、常に一定のパフォーマンスを発揮しています。

今回の京都芝外回り2200メートルは適性的には可もなく不可もなくという印象ですが、レイデオロ以下の人気を形成する、モズカッチャン、ディアドラ、ミッキーロケット、クロコスミアと比較した際、馬券圏内に来る可能性が最も高いはアルアインだと見ています。

レイデオロ本命で3連系馬券を組むなら対抗の筆頭候補、レイデオロ以外に本命を打ちレイデオロを対抗とするなら△の筆頭候補。

京都記念2018の予想印を打つことを強制されたら、アルアインはこのいずれかの形で対応するでしょうね。

-02.予想/回顧
-, , ,