02.予想/回顧

京都記念2018予想/モズカッチャン、ディアドラの評価

2018/02/13

今週日曜、京都のメインレースは京都記念2018。

過去2回の記事でレイデオロ、アルアインについて見解してきました。最終更新となる今回はモズカッチャン、ディアドラについて取り上げます。

モズカッチャン、ディアドラの評価

2頭に関しては共に古馬牡馬混合重賞は初挑戦。
気になるのは、牡馬相手にも通用するのかという点でしょう。

結論から言えば、2頭とも京都記念2018で積極的に高評価したいと感じるほどの魅力には欠ける印象です。

先日の東京新聞杯で同世代の牝馬リスグラシューが古馬牡馬相手に快勝したことから2頭への期待も高まっているでしょうが、リスグラシューの勝因は、別記事でも取り上げた馬体の変化と鞍上の好騎乗があってのもの。

モズカッチャン、ディアドラに関してもそういった上積みがあれば話は変わりますが、仮に昨秋と同じ状況での出走となればレイデオロに対しては圧倒的に分が悪く、人気を分け合うアルアインに対してもやや分が悪いだろうというのが基本評価です。

モズカッチャンとディアドラの比較

その2頭同士を比較するなら、持っている総合力はほぼ互角。京都記念の舞台、京都芝外回り2200メートルへの適性に関してもほぼ差はないだろうと評しています。

同舞台で行われたエリザベス女王杯2017を優勝していることからモズカッチャンはこの舞台への適性が一見高いように見えます。

勿論、それが低いということはありませんが、当時は鞍上デムーロ騎手の手腕も大きかった。他条件と比較して京都芝外回り2200メートルへの適性が特段高いということもないでしょう。

ちなみに、この2頭が100回同じレースを走ったとすると、先着回数はモズカッチャンが上、優勝回数はディアドラが上になるだろうと考えています。

モズカッチャン→常に自分の力を発揮する。自分の力以上のものは出しづらい。
ディアドラ→条件が合わなければ大敗もある。条件がハマれば激走もする。

戦績からだけでは分かりづらいですが、安定感のモズカッチャン、爆発力のディアドラという認識だからです。

京都記念2018で言うなら、2頭のオッズ差も考慮した上で考えると、連以上の馬券を狙うならディアドラ、3連系の馬券で買い目に入れておきたいのはモズカッチャンという感じですね。

-02.予想/回顧
-, , , ,