02.予想/回顧

マイラーズカップ2018予想/【総評】エアスピネル中心にどう馬券構成するかが最大のポイント

本日、京都11Rでマイラーズカップ2018が開催。

過去傾向、エアスピネル・サングレーザーの評価とこれまで更新してきましたが、当記事では、それらを踏まえた上でマイラーズカップ2018を総評します。

マイラーズカップ2018予想の注目点

近年傾向

・1番人気馬は過去6年で(0.2.1.3)。優勝ゼロで複勝率50%。
・5番人気以下の伏兵馬が馬券圏内の50%を占める。
・決着時計は32秒台前半~中盤。
・脚質、枠順に極端な偏りはなし。

詳しくは下記を参照。
マイラーズカップ2018予想/近6年のデータ傾向

エアスピネルの評価

・総合力は最上位。
・骨膜炎で中山記念を回避した影響の有無を確認。
・高速馬場で終いワンパンチ不足という欠点が露出する可能性を考慮。

詳しくは下記を参照。
マイラーズカップ2018予想/【注目馬分析】エアスピネル

サングレーザーの評価

・昨秋の結果は一定の評価は与えられる。
・休み明けで昨年の勢いがリセットされることを考慮。
・明け4歳を迎えて馬体にどれだけ実が入るかが大きなポイント。

詳しくは下記を参照。
マイラーズカップ2018予想/【注目馬分析】サングレーザー

モズアスコットの評価

・前走の阪急杯2018を見る限り昨年からの大きな成長はなし。
・京都芝外回り1600替わりの影響の見極め。
→私的には少なくともプラスに働くとは思わない。どちらかと言うとマイナス要因。

枠順の印象

・最も良い印象なのはエアスピネルを見ながらその後ろでレース出来そうなサングレーザー。
・エアスピネルも自身の力を充分に発揮出来そうな枠。
・他馬も可もなく不可もなく。極端に悪い枠を引いた馬はいない印象。

馬場の印象

・土曜に行われたあずさ賞、彦根ステークスは共に昨年以上のタイム。
・ただ、極端な高速馬場という印象はない。
・基本的に例年(昨年)並みのこの時期特有の綺麗な良馬場との判断で良さそう。

マイラーズカップ2018総評

総合して考えると、状態面に大きな問題がない限り、エアスピネルを中心と考えるのが無難なレースという印象を受けています。

それを踏まえた上で、馬券期待値を考える上で大きなポイントとなるのは、エアスピネルが何着に収まるのかを予測し、それに即した馬券構成を組むことでしょう。

ちなみに私自身は以下の2パターンのいずれかが、期待値を上げる上では最適なのではと考えています。

・エアスピネル軸の複式馬券。ないし、エアスピネル2着or3着固定の単式馬券の併用。
・本命馬の単複とエアスピネルへの馬連馬単。

ただ、後者に関して言えば、事前予想の段階で、エアスピネル逆転に高い期待を置ける馬は見い出せていません。それ故に、エアスピネルの欠点が露呈して尚、エアスピネルが優勝する可能性も充分あるという印象を受けています。

サングレーザー、モズアスコットはマイナス要因もあることを踏まえると、推奨度は高くありませんが、近年傾向に倣い、エアスピネルから伏兵馬へ手広く流す、というのも一つの選択肢として生まれるでしょう。

いずれにしても、少なくとも事前予想の段階としては、マイラーズカップ2018は馬券期待値の高いレースではないという印象。エアスピネル含め、パドックで想定以上に変化している馬がいてどこまで、というのが私のマイラーズカップ2018総評となります。

マイラーズカップ2018の穴候補馬は【人気ブログランキング】のコメント欄にて公開中です。

※馬名やコメントの見方が分からない方はこちらの記事を参照下さい。

-02.予想/回顧
-, ,