02.予想/回顧

マイラーズカップ2018回顧/レコード決着も安田記念2018へ向けてのインパクトは特に感じられなかったレース

マイラーズカップ2018上位入線馬短評

サングレーザー(1着/4番人気)

いつも通りのレース運びで、レース前に指摘した絶好の枠順を活かし、終始エアスピネルをマークする形で追走。

前が流れる形になったことに加え、エアスピネルが上手く誘導してくれたおかげで全くロスない競馬で完勝の結果となりました。

ただ、注目していた馬体の成長はなく、パフォーマンスから特別なインパクトは感じず。評価を上げたいなと思わせるだけの何かはありませんでした。

モズアスコット(2着/2番人気)

前半3ハロン33.9、1000メートル通過57.2のペースを楽々2番手追走とこれまでにない競馬。直線に入ってからも一旦は後続を楽々突き放す見せ場タップリのレースでした。

現状、本質的に1ハロン長い距離、パワー型な分、サングレーザーに差されてしまったものの、エアスピネルの追撃を凌ぎ切ったのは評価に値するでしょう。

今回こういう競馬が出来たのは、距離延長の影響よりも、パドックで指摘した前走から明確に成長した馬体の影響が大きかったと見ています。

前走の阪急杯2018で昨年からの成長が感じられなかった時点でやや底を感じていましたが、今回見せたこの成長により今後への期待に望みを繋ぎました。

G1となるとなかなか適条件がないのが残念なところですが、この上昇曲線を描き続けられるようであれば、総合点としてはもう一段上へ行ける可能性を充分示したと思います。

エアスピネル(3着/1番人気)

良くも悪くもいつも通りのエアスピネルといった印象。

事前に指摘した通り、ここまで速い時計の決着となると、終いワンパンチ不足というエアスピネルの欠点が露呈してしまいますね。

ただ、懸念していた中山記念2018回避の影響は特になく、安田記念2018へのステップとして考えれば及第点は与えられるものだったと見ています。

馬券考察

この3連複860円は何の旨味もない配当に感じますが、3連単はその8倍以上の7,060円となかなかの配当を付けましたね。

・エアスピネル軸の複式馬券。ないし、エアスピネル2着or3着固定の単式馬券の併用。
・本命馬の単複とエアスピネルへの馬連馬単。

レース前に、マイラーズカップ2018の馬券期待値を上げるならこの辺の馬券構成が無難なのでは?と見解しましたが、エアスピネル3着を読み切り、サングレーザー、モズアスコット共に高評価出来た人にとっては良い馬券になったのかもしれません。

ただ、昨年からの成長がなかったサングレーザー、想定外の成長があったとはいえ条件適性に不安残るモズアスコットと、各馬の取捨、評価付けはなかなか難しかったですからね。

馬券購入を見送った人がそれを悔いるほど期待値の高い馬券ではなかったように思います。

マイラーズカップ2018総評

土曜のレースで昨年より速いタイムが出ているレースがあったとはいえ、1.31.3という想定外のレコード決着。

ここまで速いタイムとなると地力で劣る馬はやや厳しかったのか、上位3頭が後続を突き放す結果となりました。

特段パフォーマンスのインパクトを感じなかったサングレーザーがその中で優勝したのは、モズアスコット、エアスピネルとの高速馬場適性の差でしょうか。

現状、この3頭の総合力の差はほぼなく、条件が替わればまた、着順も入れ替わる結果になると見ています。

尚、サングレーザー、エアスピネル含め、現時点で安田記念2018で高評価を与えたいと感じた馬はなし。そこへ向けてとなると、特別な収穫はないマイラーズカップ2018でした。

マイラーズカップ2018の全関連記事はこちら。

ブログランキング参戦中!今後も記事更新を希望する方は1日1回【人気ブログランキング】の応援クリックでランキング向上にご協力いただけると幸いです。

-02.予想/回顧
-, ,