02.予想/回顧

マイラーズカップ2018予想/【注目馬分析】サングレーザー

2018/04/22

今週日曜、京都11Rでマイラーズカップ2018が開催。

想定2番人気はサングレーザー。
昨年は500万下条件から1600万下条件まで3連勝すると、勢いそのままにスワンステークス2017で初重賞制覇。4連勝で臨んだマイルチャンピオンシップ2017でも3着と健闘しました。

そのサングレーザーが4歳緒戦に選んだのがこのマイラーズカップ。
昨年以上の活躍、G1制覇を狙うために、陣営としては昨年以上のパフォーマンスを期待していることでしょう。

当記事では、そのサングレーザーについて評します。

サングレーザーの近走評価

まずは改めてサングレーザーの近走について振り返ります。

マイルチャンピオンシップ2017(3着/7番人気)

初G1挑戦となったマイルチャンピオンシップ2017。

4連勝でスワンステークスを制した上がり馬という点を考慮すればもう少し人気を集めても不思議ありませんが、単勝7番人気に留まったのは競馬ファンの多くもこの馬にそこまでの期待を寄せていなかったということでしょう。

私を含め、この3着は思った以上に頑張ったなという印象を持った人も多かったと思います。

内容的にも、エアスピネルをマークする形で進め、差し馬としては王道の競馬をしてのもの。ロスらしいロスがなかった点を差し引いても、字面通りの評価を与えて良いでしょう。

阪神カップ2017(3着/3番人気)

マイルチャンピオンシップ2017の後、休養に入らず阪神カップ2017に参戦。

上位2頭に迫るまではいきませんでしたが、外々を回って上り最速タイ33.5の脚でモズアスコットを捕らえ3着。勢いだけでなく、その総合力がこの路線で一定の位置に届いていることを再証明したと見ています。

マイラーズカップ2018におけるサングレーザーの取捨ポイント

明け4歳を迎えてどれだけ成長しているか?

今回、サングレーザーの取捨を考える上で最もポイントになるのは「明け4歳を迎えて昨年からどれだけの成長を見せているか?」という点になると見ています。

昨年のサングレーザーはまだまだ馬体に頼りない面が目立っていた。

上述のよう、それでも一定の評価を与えられる結果を残していますが、休みを挟んで勢いがリセットされて尚、昨年と同等かそれ以上の結果を残すなら、今度は明確な地力強化が必要と見ています。

調教やパドックから、それが叶っているかしっかり見極める、それに即した評価付けをするのが重要になってくると見ます。

マイラーズカップ2018におけるサングレーザーの総評

昨年の頼りない馬体にどこまで実が入ってきているか?
上述の通り、マイラーズカップ2018でのサングレーザーの取捨で重要となるのはこの点です。

2番人気、ないし2番人気をモズアスコットに譲っての3番人気となるかは発売締切まで分かりませんが、少なくとも今回、上位人気に推されるのは確か。

その人気となると、仮に馬体に頼りなさが残る場合、勢いもリセットされた今回は、ポカのリスクも大きく意識する必要が出てくるからです。

この人気で明確なリスクが存在するとなれば、馬券期待値は低い部類に入ってしまう。

仮に馬体に実が入っていればそれに応じた分だけ評価を上げる。
仮に馬体の頼りなさに変わりがなければ期待値が低い部類にあることを意識する。

この辺に意識を置くことが、マイラーズカップ2018でサングレーザーの取捨を上手く取り扱うポイントになると私は考えています。

ブログランキング参戦中!今後も記事更新を希望する方は1日1回【人気ブログランキング】の応援クリックでランキング向上にご協力いただけると幸いです。

-02.予想/回顧
-, , ,