02.予想/回顧

日本ダービー2018までにブラストワンピースはどこまで上昇するか?/毎日杯2018回顧

2018/04/09

毎日杯2018は1番人気ブラストワンピースが優勝。

2着に2番人気ギベオン、3着に3番人気インディチャンプと、2戦2勝の3頭が人気通りの入線となりました。

毎日杯2018の注目馬回顧

日本ダービー2018までにブラストワンピースはどこまで上昇するか?

芝1800メートルの距離が課題と見ていたブラストワンピースですが、見事それに対応し優勝。

最内枠でこの距離と、騎手が前半行き脚をつける意識があったのでしょうが、それに対応出来た辺り、やはり良い運動能力を持っているということでしょう。

本当に良くなるのはもう少し先、距離にも課題が残る造りの馬体で出走してのこの内容は、一定以上の評価を与えられるものだったと思います。

レース後の池添騎手のコメントを見る限り、次は日本ダービー2018に直行のようですね。

それが可能になったのもここで賞金加算出来たからこそ。

ここへのエントリを見た瞬間は青葉賞2018へ出走させた方が日本ダービー2018への出走確率は高いだろうと思ったものですが、結果、このローテーションが良い形に働きそうです。

今回のパドックでブラストワンピースを見た印象として、良くなるのは次の次、ちょうど日本ダービー2018の頃になるかなというのがありました。

今回賞金を加算したことで、その日本ダービー2018に向けて、じっくりと、メイチ仕上げすることに集中出来る。これは、ブラストワンピースにとって非常に良い状況になったと言えるでしょう。

果たしてブラストワンピースがどういった姿で登場となるかは当日のパドックを見るまで分かりませんが、この馬のファン、そして関係者にとっては、日本ダービー2018を大きな期待を持って迎えることが出来るでしょう。

馬群に対応出来たのは収穫だったインディチャンプ

個人的に注目していたもう1頭インディチャンプは3着まで。

最後思ったほど伸びなかったのは、レース前半の消耗と本質的にこの距離が1ハロン長い分でしょう。レース内容自体は及第点を与えられるものだったと思います。

ただ、今後のことを考えると、ここで賞金加算出来なかったのは痛い。

ここで賞金加算出来ていれば、満を持してNHKマイルカップ2018へ直行出来たでしょうから、3着になったことで次のローテーションが悩ましくなりますね。

また、期待していた成長が見られなかったのも残念でした。

今回、前回からグンと良くなることを期待していましたが、概ね平行線といった状況。ここを使ってグンと良くなる雰囲気も発していませんでしたから、その点、個人的なこの馬への期待は少し落ちました。

一方の収穫は、馬群を割る競馬を全く問題にしなさそうなのが判明した点。

直線前が壁になって進路を探すシーンがありましたが、非常に操縦性が良く、馬群が開けばそこを一瞬で付ける瞬発力もあった。

狂気を秘めるインディチャンプにとって、これで格上馬を喰える資質を全て兼ね備えたことになり、後は、馬券で狙えるタイミング待ちといったところでしょう。

今後も無料記事の更新を希望する方は1日1回【人気ブログランキング】をクリックしランキング向上にご協力いただけると幸いです。

-02.予想/回顧
-, , , , ,