02.予想/回顧

毎日杯2018予想/インディチャンプ、ユーキャンスマイルの評価

2018/03/24

本日、阪神11Rで毎日杯2018が開催。

前回の記事で取り上げたブラストワンピースを筆頭に注目馬が複数参戦。上位人気馬はオッズ割れが想定されていますね。

当記事ではそんな想定上位人気馬の中から、これまで当ブログで注目馬として取り上げたことのある、インディチャンプとユーキャンスマイルについて改めて見解します。

毎日杯2018有力馬見解

インディチャンプの評価

まずはインディチャンプの方から。

前走のインパクトからここは人気すると踏んでいたのですが、どうやらそこまで人気する感じではなさそうですね。

短距離路線からの参戦と中距離路線からの参戦では、後者への期待が高くなるのが常ですが、インディチャンプの場合、それに加え距離延長への不安感もありますかね。

確かに、この距離は本質的に1ハロン長い印象を私も持っています。ただ、G3レベルであればよほどタフな流れにならない限り充分こなせる範囲でそう神経質になる必要はないでしょう。

今回出走する他有力馬は、まだ馬体に甘い部分が残る、煮え切らない末脚しか使えない馬も多いです。その中にあってインディチャンプの末脚はメンバー中トップ級のものがあり、それを上手く活かせさえすれば、このメンバーでも好勝負可能と見ています。

また、前走からの成長期待値で高いものを持っているのも好感ですね。

今回実際どれだけの成長を見せてくれるかはパドックを見てみるまで分かりませんが、新馬戦から500万下の間で見せた成長力を考えると、その上昇曲線が維持してさえいれば、今回、前回から更にパワーアップした姿での登場してくれる可能性も充分あると思います。

そうなれば、持ち前の末脚を存分に発揮出来る可能性は更に高まる。

仮に成長を見せた上で単勝4~6番人気、複勝下限2.0倍近くあるようなら、単穴以上、本命まで候補に入る馬券期待値に達すると見ています。

ユーキャンスマイルの評価

次いでユーキャンスマイルについて。

こちらは、インディチャンプ以上に前走からの成長度がポイントとなると見ています。

毎日杯2018に出走する他有力馬は、まだ馬体に甘い部分が残る、煮え切らない末脚しか使えない馬も多いと上述しましたが、ユーキャンスマイルもその例外ではないからです。

同じく成長を期待した前走、未勝利勝ちから成長のない馬体で出走となったよう、現状、完全に素質だけで走っている状態。

前走勝利しているものの、芝1800メートルという距離も、本質的にはユーキャンスマイルにとってやや短い印象。

ネックとなる直線でのモタれ癖も快勝されていませんから、前走から明確な成長を見せてくれない限り、重賞レベルとなると現状、期待よりも不安が先行します。

品のある雰囲気、武豊騎手鞍上と人気先行になる要素もある点も加味すると、事前見解としては、期待値としては低いかなという印象が先行しますね。

今後も無料記事の更新を希望する方は1日1回【人気ブログランキング】をクリックしランキング向上にご協力いただけると幸いです。

-02.予想/回顧
-, , , , ,