001.競馬予想 011.中山金杯

中山金杯2017予想|過去データ分析とツクバアズマオー・ストロングタイタンの見解

2017/01/16

明けましておめでとうございます。
皆さま、年末年始、いかがお過ごしですか?

私はと言いますと、年末は珍しく買った地方競馬の馬券(東京大賞典2016)が本線で的中。年明け後は、今年のブログ運営をより充実にしたものにすることを考えるなど、数年ぶりに競馬そのものへのテンションが高めになっています。

これも、日々当ブログへ足を運んでくれる皆様のおかげ。

パドック会員のプラン増設の時もそれを考えているとワクワクしましたし、自分だけのために予想して馬券を買うより、その予想を参考にしてくれる人向けに情報発信する方が、どうやら自分の性に合うようです。

日々模索しながらにはなりますが、少しでも皆様に楽しんでいただけるもの、お役に立てるものを提供出来るよう努めてまいりますので本年も何卒宜しくお願いいたします。

さて、新年の挨拶はここまでとしまして、ここからは今年一発目の重賞、中山金杯2017について展望していきたいと思います。

と、その前にもう1点。

これまでこのブログでは、私がそれをあまり重視していないという理由からデータ面について触れることはあまりありませんでしたが、今年は過去傾向の解説などもそれに取り入れていこうかなと思っています。

私の予想スタイルだと、パドック評価であれば全重賞対象とすることが出来ますが、単純な展望は出来るレースがかなり限られてしまいますからね。予想のスタンスそのものを変えることはありませんが、その辺に触れることで、今年は多くの重賞を、それなりのボリュームを持って展望出来るようになり楽しんでいただければ良いなと思います。

さて、それでは改めて中山金杯2017の展望に入ります。

中山金杯過去傾向データ分析

早速、その過去傾向から見ていきます。

ここ5年は人気サイドの決着が続いている!

まず目につくのは、近年の中山金杯は人気サイドの決着が多いということ。

過去5年、馬券に絡んだ15頭の内、6番人気以下の馬は2014年8番人気2着のカルドブレッサのみ。過去5年、馬券に絡んだ15頭の内、実に14頭が単勝5番人気以内の馬となっています。

その14頭を更に掘り下げてみてみると、2012年5番人気3着のコスモファントム以外の13頭は、全て単勝10倍未満の馬で決着。近年の中山金杯は、単勝オッズ10倍未満の馬が馬券のほとんどを占めているというデータが出ています。

2011年キョウエイストーム→11番人気2着
2010年トウショウウェイヴ→15番人気3着
2009年ミヤビランベリ→11番人気3着
2008年メイショウレガーロ→9番人気3着
2007年アサカディフィート→10番人気2着

以前は毎年のように穴馬が馬券に絡んでいたので「中山金杯は荒れる!」というイメージをお持ちの方もいると思いますが、そのイメージに強く引っ張られて「金杯で乾杯!」お年玉狙いで穴狙いに固執するのは得策とは言えなそうですね。

ただ、上位人気馬優勢のデータの中、1点注意しておきたいことがあります。

過去5年で複勝率80%。 唯一着外となったのはレース中に骨折したアドマイヤコスモスのみと実質複勝率100%を誇る単勝1番人気馬ですが、過去5年(0-1-3-1)と優勝は0回。単式馬券派の人にとっては気になるデータと言えるでしょう。

軽ハンデ馬は不振!

ハンデ戦ということで斤量に目を向けてみると、軽量馬の不振と重量馬の活躍が目に付きます。

過去5年、斤量55キロ未満で馬券に絡んだのは先に近年唯一馬券に絡んだ穴馬として挙げた2014年のカルドブレッサ(54キロ)のみ。馬券に絡んだ残り14頭は全て、斤量55キロ以上の馬となっています。

内、トップハンデ級、57.5キロ以上の斤量を背負った馬たちの好走も下記のように目立ちます。

2016年フルーキー→57.5キロ3着
2015年ロゴタイプ→58.0キロ2着
2014年オーシャンブルー→57.5キロ1着
2012年コスモファントム→57.5キロ3着

ハンデ戦で57.5キロ以上を背負うと心情的に狙いづらくなる人もいるかと思いますが、中山金杯のあくまで過去傾向からすると、重量馬はむしろ買いと言えそうですね。今年で言うと、クラリティスカイを狙いたいと思っている人にとっては良いデータでしょう。

外枠馬は不振!

他、目を惹くデータに外枠馬の不振があります。

過去5年で7枠、8枠の馬で馬券に絡んだ馬は0頭。最も外の馬番だったのは、2012年フェデラリストの12番です。

この傾向は過去10年まで遡っても同様で、過去10年の7枠8枠の成績は

7枠(1-0-0-19)→2008年アドマイヤフジ
8枠(0-1-0-20)→2008年エアシェイディ

の2頭のみ。ちなみにこの2頭はいずれも4コーナーで先団につけていました。

7枠ないし馬番12番より外に入って、4コーナーで先団につけられる脚質以外の馬は、データ面からは大きな割引と言えるでしょう。

近年は5~6歳馬やや優勢!

2010年アクシオン→7歳馬1着
2010年トウショウシロッコ→7歳馬2着
2009年アドマイヤフジ→7歳馬1着
2008年エアシェイディ→7歳馬2着
2007年アサカディフィート→9歳馬2着

以前の中山金杯は、高齢馬が馬券に絡むのが恒例でした。

しかし、2015年のデウスウルト→7歳馬3着、2013年のタッチミーノット→7歳馬1着と引き続き高齢馬の活躍もありはするものの、ここ5年で多く馬券に絡んでいるんは5歳馬、6歳馬となっています。近年傾向を重視するなら高齢馬活躍の以前のイメージを切り替え、5歳馬6歳馬を中心するのが良いでしょう。

中山金杯過去5年年齢別成績
4歳馬(1-0-1-7)
5歳馬(2-3-2-10)
6歳馬(1-2-1-13)
7歳馬(1-0-1-16)
8上馬(0-0-0-17)

ちなみに過去5年で7歳馬ながら馬券に絡んだその2頭には

デウスウルト→前走チャレンジカップ2着
タッチミーノット→前走毎日王冠3着

と重賞で通用する能力を維持している状況で参戦していたという共通点がありました。

今年注目を集めるストロングタイタンの明け4歳馬データにも目を向けてみますと、過去5年、明け4歳馬で馬券に絡んだのは、2016年ヤマカツエース→1着、2013年ジャスタウェイ→3着の2頭。

ヤマカツエース→3歳時に函館記念3着、札幌記念4着、福島記念1着
ジャスタウェイ→3歳時に毎日王冠2着、天皇賞秋6着

と、古馬相手に中距離で充分通用するという実績を持って参戦していたという共通点がありました。

中山金杯2017過去データ傾向総論

中山金杯の過去傾向を改めてまとめると…

・単勝5番人気以内、単勝オッズ10倍未満馬での決着目立つ。
・1番人気馬の複勝率実質100%。ただ近5年で優勝はなし。
・斤量55キロ未満の軽量馬不振。斤量57.5キロ以上の重量馬の好走目立つ。
・7枠8枠は過去5年で複勝率0%。
・5歳馬、6歳馬中心。4歳馬は古馬との重賞実績、7歳馬は近走の重賞実績必要。

こんなところでしょうか。

中山金杯2017有力馬の評価

ここからは、中山金杯2017で有力馬とされている馬について私的見解をしていきます。

取り上げるのは1番人気が予測されるとツクバアズマオーと、連勝中で勢いに乗り対抗格筆頭に目されているストロングタイタンの2頭です。

ツクバアズマオーの評価

まずはツクバアズマオーの方から。

昨年は充実した1年でしたね。
1000万条件に昇格して迎えた年明け緒戦の東雲賞を制すると、1600万下条件も3戦で卒業。休養を挟んで迎えた巴賞を3着すると次ぐ函館記念も同じく3着。距離の長かった札幌日経オープンでも4着奮闘すると、オールカマーでゴールドアクターの3着、そしてディセンバーステークスでオープン特別勝ちを収めました。

そこから迎える2017年。陣営としてはもちろん重賞制覇を狙っているでしょう。

そこで選んだのが中山金杯2017。
前走、同条件のディセンバーステークス2016を優勝しているのを見ても分かる通り、冬場の中山芝2000メートルはツクバアズマオーにとってかなり良い条件。休み明け快勝の勢いに乗っての臨戦も非常に良いですね。

パドック会員様にはお伝えしてきている通り、オールカマー2016、ディセンバーステークス2016を見ると、調子も今、高いレベルで安定している。今年の手薄な中山金杯なら、総合的に考えて死角が最も少ないのはツクバアズマオーで、素直に本命を打てるだけレベルにあると思います。

ただ、単式馬券で頭から買えるかとなると、吟味が必要だなという印象。

前走、それなりに鮮やかな勝ち方でしたが、欲を言えばやはり末脚が少し物足りない。メンバーレベルが違うオールカマー2016の3着はともかく、巴賞2016・函館記念2016で連続3着だったよう、重賞クラスを地力で勝ち切るだけの末脚にはやや欠ける印象というのは変わりませんでした。

何か一つでも噛み合わない部分があると、近年の金杯データ通り、馬券には絡むものの馬券圏内止まりという可能性も充分。仮に本命を打つにしても、馬券構成にはその点を熟慮する価値はあるでしょう。私的にも、事前予想としては、1着より2着~3着止まりの方が高いのかなという印象です。

良い材料としては、調子の良かったディセンバーステークス2016のパドックで、更なる上積みの余地を感じた点。今回は、オールカマー2016時の出来に仕上がっている可能性も充分ある。そうなれば、優勝の可能性もグッと増してくるでしょう。

ストロングタイタンの評価

次いでストロングタイタンについて。

昨年の夏に復帰すると、8か月ぶり緒戦の500万下条件こそ2着止まりだったもののそこから怒涛の3連勝。最高の勢いで迎える明け4歳の今年。満を持しての重賞挑戦ですね。

ただ、結論から言えば、事前予想をするならツクバアズマオーより下の評価。
重賞で通用するだけの素質は充分あると評していますが、いかんせん馬体にまだ緩い部分が残る。3連勝しているとはいえ本格化はまだ先です。そういった状態なだけに、重賞のプレッシャーで揉まれた際の不安は残ります。

ただ、前述のよう、重賞で通用の素質は充分ある。そして、本格すればグッと良くなるだけの素質を秘めている。この2か月で一変している可能性も残るだけに、当日のパドックでそれが確認出来るようなら、ツクバアズマオーに勝ち切る力がやや欠ける分、優勝候補の筆頭に位置してくるかもしれませんね。ツクバアズマオー共々、パドック、そして返し馬、要確認です。

本文内で使用しているデータはKLANを参考にしています。無料で重宝しますので、興味ある方は【必見】管理人愛用の競馬データベースKLANとは?の記事も参照下さい。

-001.競馬予想, 011.中山金杯