02.予想/回顧

根岸ステークス2018予想/サンライズノヴァの評価は?

2018/01/28

日曜東京のメイン重賞は根岸ステークス2018。

ご存知、フェブラリーステークス前哨戦の一つ。
なのですが、今年は何とも言えないメンバー構成となってしまいましたね。

出走馬のほとんどが、年齢的にもキャリア的にも上積みが望めない面々。関係者には失礼になりますが、ここで上位入線したとしてもフェブラリーステークス2018の盛り上がりには直結しなさそうな馬ばかりです。

中で唯一その可能性を残しているのは、出走馬中唯一の4歳馬であるサンライズノヴァでしょうか。当記事では、そのサンライズノヴァについて見解してみようと思います。

サンライズノヴァの評価

個人的には、サンライズノヴァは全く掴めていない馬です。

私は競走馬を見るときに、能力はもちろん、適性をより重視するスタンスなのですが、サンライズノヴァに関してはその適性がどこにあるのか今一つ分からないからです。

映像を通して見るとダラっとした脚しか使っていないのに、字面を見ると充分な末脚を使っている。

ユニコーンステークス2017、グリーンチャンネルカップ2017を見ると、直線大外を通るのが良さそうに見えるが、師走ステークス2017を見ると内を立ち回る競馬も悪くない。

馬体を見ても適性が強く表れる造りをしていない(強いて言うならダラっとした脚の性質)ので、そこから仮説を立てることも出来ない。正直、お手上げなのです。

ただ、過去の経験からすると、こういう馬は、いつ、どんな相手に、ポカしてもおかしくない傾向にあります。現にサンライズノヴァ自身、1レース毎に好走、凡走を繰り返しています。

この手の馬との基本的な付き合い方は以下の3パターンだと考えています。

・1つは、そういう馬が出走しているレースの馬券は買わない。
・1つは、本命馬との連式馬券のオッズが付くなら△で抑える。
・1つは、人気がないなら▲で抑える。

いずれにしても、掴めるようになるまで少なくとも本命は打ちません。

仮に本命を打つなら、B評価以上を付けられる形でパドックに表れて、3番人気以下、複勝下限が1.8倍以上付くような時限定ですね。

本命を打つ機会が訪れる可能性がある?

さて、基本的に本命を打たないこの手の馬の本命を打てる条件を示したのは理由があります。

サンライズノヴァに、根岸ステークス2018、ないしフェブラリーステークス2018で本命を打つ機会が訪れるかもしれないと想定しているからです(特に後者)。

休養を挟んで昨秋3戦使ったサンライズノヴァですが、戦績と比例こそしていないものの、1戦毎に馬体が良くなってきています。

もしかすると今回、ないし次回、総合点をグッと上げての出走となるかもしれません。その上昇曲線次第では、G1で足りる総合力に届くかもしれないと想定しているのですよね。

仮にフェブラリーステークス2018に出走した際、サンライズノヴァの人気がどの程度になるかは分かりません。ただ、オッズと状態次第で、馬券購入も視野に入る。

楽しさだけでなく難しさも持ち込んでしまう存在ですが、フェブラリーステークス2018の盛り上げに一役買ってもらいたいの気持ちも込め、根岸ステークス2018では色んな意味でサンライズノヴァに注目しています。

-02.予想/回顧
-,