02.予想/回顧

天皇賞春2018でガンコは買えるのか?/日経賞2018回顧

2018/04/09

日経賞2018は3番人気ガンコが優勝。

2着チェスナットコート、3着サクラアンプルールで中波乱の結果。1番人気のキセキは9着に終わりました。

日経賞2018の注目馬回顧

今後へ向けて不安の残るキセキ

まずはキセキについて触れておきましょうか。

期待していた前走からの成長は、パドックを見る限り感じ取ることは出来ませんでした。ここを使ってグンと良くなりそうな雰囲気も発していませんでしたから、今春上昇曲線を描く可能性は低くなってしまった印象です。

それ自体残念なことですが、もう1点気掛かりなのは、ああいった強引な競馬をした中で惨敗に終わってしまった点。

私感では、キセキは、好調期はそれが長い間持続するものの、一度リズムが崩れると、それを立て直すのに時間が掛かると見てます。

今回の競馬、そしてあの結果は、キセキのリズムを崩すに充分なものだったと見ているので、その点、今後の不安に繋がります。

個人的には、よほど馬体が一変してこない限り、復調の兆しが見えるまで、キセキの馬券は手控えたいなという印象を受けました。

ガンコは天皇賞春2018で狙える?

一方の優勝馬ガンコは、前走から更に馬が良化しての出走。

日経新春杯2018の3着は、メンバーに恵まれたこともありどう評価して良いか判断が付きませんでしたが、今日の馬体、そして結果を見ると、一連の結果は確かな地力強化に基づいてのものと見なして良いでしょう。

特に、多少の出入りがあったことに加え、直線の各馬の進路取りにも癖があった中で残した今回の優勝という結果は一定の評価を与えて良いものだと思います。

さて、これで次は天皇賞春2018でしょうか。

課題となるのは、その頃の京都芝コースの馬場ですかね。

距離延長自体は問題ないと思いますが、全体時計、上がり時計共に早い競馬になると、ガンコは適性的に今一つかなという印象があります。

ただ、今年の天皇賞春は手薄なメンバー構成になることが予測されますし、この上昇曲線に乗って、今回以上の馬体で出走するようならチャンスも充分あるでしょう。

平均ペースでやや縦長の展開になり、ハナないし2番手から直線早めに抜け出し、後続にある程度の差をつけた状態で内回りコースとの合流点に差し掛かることが出来れば、あっと言わせるシーンまであるかと見ています。

今後も無料記事の更新を希望する方は1日1回【人気ブログランキング】をクリックしランキング向上にご協力いただけると幸いです。

-02.予想/回顧
-, , , ,