02.予想/回顧

オークス2018予想/近5年のデータ傾向

2018/05/15

今週日曜、東京11Rでオークス2018が開催。

ご存知、3歳牝馬の頂点を決めるレース。
今年は、アーモンドアイ対ラッキーライラックの第2ラウンドという点でも注目を集めます。

当記事では、そんなオークスの近5年のデータ傾向についてまとめました。

オークス近5年のデータ傾向

6番人気以上、特に1番人気の活躍目立つ

人気面に目を向けると、まず目に留まるのは1番人気馬の活躍。

近5年のオークスでの1番人気馬成績は(2.2.1.0)。複勝率100%となっています。

また、1番人気馬が敗れた年も、2番人気、3番人気、9番人気が優勝。
その9番人気馬も、後に秋華賞、エリザベス女王杯を優勝することになるメイショウマンボと、実力馬が並んでいます。

そういった傾向になるのは、この時期の3歳牝馬にとってタフな東京芝2400メートルという舞台で、より総合力が求められるからでしょうか。

近5年のオークスでは、メイショウマンボを除き、7番人気以下で馬券に絡んだ馬は1頭もいません。

好走馬の枠順の偏りはなし

近5年のオークスで馬券に絡んだ計15頭の枠順に、偏りは見られませんでした。

差し・追込馬優勢

近5年のオークスで馬券に絡んだ馬の脚質に目を向けると、差し・追込馬優勢という傾向が見て取れます。

馬券に絡んだ15頭中10頭が4コーナー8番手以下で通過。内6頭は、4コーナー11番手以下で通過しています。

逆に4コーナーを4番手以内。ある程度先行して馬券に絡んだのは、昨年のソウルスターリングと、2015年のルージュバックと1番人気の2頭のみ。

この舞台を先行して押し切るのは、相当な総合力を持ったていないと厳しいと言えそうです。

桜花賞組、フローラステークス組が優勢

近5年のオークスで馬券に絡んだ馬の前走レースに目を向けると、桜花賞組とフローラステークス組の活躍が目立ちます。

その両レースをステップに馬券に絡んだ馬は13頭。

他のローテーションで参戦して馬券に絡んだのは、前走忘れな草賞のミッキークイーン(2015年)と、前走皐月賞のバウンスシャッセ(2014年)の2頭しかおりません。

尚、桜花賞組とフローラステークス組の比較をすると、桜花賞組が8頭、フローラステークス組が5頭。

ひと昔前までのオークスは圧倒的に桜花賞組が優勢だったことを考えると、近年はフローラステークス組の台頭が目立ってきました

ただ、フローラステークス組で馬券に絡んだ5頭中4頭は、フローラステークスで連対馬。残り1頭も5着のビッシュと、掲示板外からの巻き返してきた馬いません。

それに対し桜花賞組は、基本3着以内の馬が優勢も、10着メイショウマンボ、9着ルージュバック、12着アドマイヤミヤビがそれぞれ、掲示板外から巻き返してオークスで馬券に絡んでいます。

近5年データ傾向まとめ

・1番人気の活躍目立つ。
・近5年、7番人気以下で馬券に絡んだ馬はメイショウマンボのみ。
・枠順の偏りはなし。
・脚質は差し、追込馬優勢。先行馬は実力馬以外苦しい。
・桜花賞組、フローラステークス組の活躍目立つ。
※但しフローラステークス組はそこで連対は欲しい。

強く印象に残ったのは、近5年、馬券に絡んだ馬は皆、一定以上の実力馬だったという点。

傾向に当てはまった馬が好走しているというより、実力馬の複数がたまたまそれに当てはまったが故にこういう傾向になっているという形でしょう。

近年傾向としては、素直に出走各馬の実力分析をすることが的中への近道になるレースと言えそうです。

ブログランキング参戦中!今後も記事更新を希望する方は1日1回【人気ブログランキング】の応援クリックでランキング向上にご協力いただけると幸いです。

-02.予想/回顧
-,