02.予想/回顧

オークス2018予想/【注目馬分析】アーモンドアイ

今週日曜、東京11Rでオークス2018が開催。

当記事では、最注目の1頭、桜花賞馬アーモンドアイについて評します。

アーモンドアイの近走評価

まずはアーモンドアイの近走を振り返ります。

シンザン記念2018(1着/1番人気)

一気に注目を集めることになったシンザン記念2018の優勝。

メンバーレベルが今一つという背景はありましたが、スタートで出遅れながら、悪い馬場で1頭だけ桁違いの末脚を披露。強いインパクトを残しました。

桜花賞2018(1着/1番人気)

休み明けで臨む形となった桜花賞2018。

ラッキーライラック1強、その対抗格筆頭のアーモンドアイという図式でしたが、終わってみればアーモンドアイがラッキーライラックを並ぶ間もなく交わして優勝。

4コーナーほぼ最後方近くから持ったままでラッキーライラックを射程圏に入れ、追い出してから楽々交わしたこの時の末脚はシンザン記念2018以上のインパクト。

桜花賞レコード、2位の馬と上がり3ハロンで1秒の差と、数字の面でも圧倒的なものを見せつけた桜花賞2018でした。

オークス2018におけるの取捨ポイント

距離延長への評価

今回、アーモンドアイの取捨を考える際に最も重要となるのは、東京芝2400メートルへの距離延長がどうかという点でしょう。

人気を分け合うラッキーライラック、最有力対抗馬のサトノワルキューレは東京芝2400メートルもこなせそうに見えるのに対し、アーモンドアイはマイラー資質が高い印象を受ける。

果たしてこの舞台でもここ2走ほどの末脚を発揮出来ると見るか否かが、アーモンドアイの評価を分けることになるかと思います。

オークス2018にアーモンドアイおけるの総評

・桜花賞2018で見せつけたインパクト
・本質的に適条件ではない東京芝2400メートルでの戦い

オークス2018でのアーモンドアイの評価付けのポイントは、この2つを天秤に掛け、最大のライバル候補であるラッキーライラック、サトノワルキューレ相手に、どれだけのパフォーマンスを発揮出来るかという点でしょう。

個人的には、あの末脚でまとめて喰ってしまう可能性も、末脚が鈍る可能性も両方想定出来るというのが率直な印象。どちらかに転ぶか、正確に見抜く自信はありません。

ただ、本質的にはマイラー寄り、この距離はやや長いと見立て。
やられる可能性は恐れつつも、不安要素を抱える1番人気馬となれば、馬券期待値的には低い部類に入る。

事前予想しろと言われれば、少なくともアーモンドアイに本命を打つことはないでしょうね。

ブログランキング参戦中!今後も記事更新を希望する方は1日1回【人気ブログランキング】の応援クリックでランキング向上にご協力いただけると幸いです。

-02.予想/回顧
-, ,