02.予想/回顧

オークス2018予想/【注目馬分析】ラッキーライラック

2018/05/17

今週日曜、東京11Rでオークス2018が開催。

断然人気に支持された桜花賞2018でアーモンドアイに完敗の結果となってしまったラッキーライラック。距離延長となるオークス2018の舞台でリベンジなるか注目が集まります。

当記事では、そのラッキーライラックについて評します。

ラッキーライラックの近走評価

まずはラッキーライラックの近走を振り返ります。

チューリップ賞2018(1着/1番人気)

今年緒戦となったチューリップ賞2018。

桜花賞2018が目標だけに仕上げ自体はステップレース仕様でしたが、+10キロの馬体重で2歳時より全体的に総合力を底上げしての出走。

レースも、道中楽々先行、直線半ばまで持ったまま進出。いざ追い出すとキッチリ反応し、ライバルだったリリーノーブル、マウレアに影をも踏ませぬ完勝劇を演じました。

桜花賞2018(1着/1番人気)

絶対的な主役として出走した桜花賞2018。
前走から-6キロでの登場も、前走からほぼ上積みがない状態での出走となりました。

レースの方は最内枠から好スタートを切ると、堂々先行、ラスト200メートルで抜け出す王者の競馬。

ただ、その外から並ぶ間もなく抜き去っていったのがアーモンドアイ。
3着リリーノーブル以下には完勝の形も、その鬼脚の前に屈する結果となりました。

オークス2018におけるラッキーライラックの取捨ポイント

アーモンドアイ逆転の可能性

オークス2018でのラッキーライラックの評価を考える際、最大のポイントとなるのは、条件替わりでアーモンドアイにリベンジなるかという点でしょう。

私としては、その可能性は充分残されていると見ています。

理由は2つ。

1つ目は、東京芝2400メートルへの適性はラッキーライラックの方が高いだろうという点。

アーモンドアイはやはり、東京芝2400メートルへの距離延長に対する不安が残る。ラッキーライラックはその不安をほぼないだけに、アーモンドアイの末脚が少しでも鈍るようなら、今度はラッキーライラックが先行押し切りの結果となっても何ら不思議ないでしょう。

2つ目は、状態面に上積みの余地がある点。

上述の通り、桜花賞2018は、チューリップ賞2018からほぼ上積みがない状態での出走となりました。元々、チューリップ賞2018がステップレース仕様だった分、オークス2018では、桜花賞2018状態面の上積みが見込めるだけの余白が充分あります。

オークス2018を見据える必要があった桜花賞2018に対し、今度は先を見据えてお釣りを残す必要がない。

陣営もメイチ仕上げを目論んでいるはずで、それが叶えば、ここ2走以上のパフォーマンスをする可能性も充分あると見ています。

オークス2018におけるラッキーライラックの総評

オークス2018の事前予想をしろと言われれば、ラッキーライラックには最低でも対抗、本命を打つ可能性も充分あるというのが現時点での率直な印象です。

桜花賞2018こそアーモンドアイの鬼脚の前に屈する結果となってしまったものの、一連のパフォーマンスから世代上位の総合点にあるのは確か。

アーモンドアイとの後先を正確に見極める自信は現時点ではありませんが、少なくとも一定以上のパフォーマンスを出来る可能性は高く、そうなれば当然、馬券圏内の最有力候補の1頭と言えるでしょう。

アーモンドアイには不安要素がある分、1着からの単式馬券かはともかく、オークス2018で最も安心して高評価出来る馬は、ラッキーライラックだと評しています。

ブログランキング参戦中!今後も記事更新を希望する方は1日1回【人気ブログランキング】の応援クリックでランキング向上にご協力いただけると幸いです。

-02.予想/回顧
-, ,