02.予想/回顧

桜花賞2018回顧/レース雑感とオークス2018に向けて

桜花賞2018は2番人気アーモンドアイが優勝。

2着に1番人気ラッキーライラック、3着に3番人気リリーノーブルが入線。1~3番人気馬が馬券圏内を独占する結果となりました。

桜花賞2018雑感

アーモンドアイは見事な末脚でしたね。

多くの競馬ファン想定通りの競馬をしていたラッキーライラックを持ったままで射程圏に入れた末脚は見事の一言。シンザン記念2018優勝には高い評価を与えていませんでしたが、今日のこの結果は字面通りの評価を与えて良いかと思います。

桜花賞2018は、このアーモンドアイのインパクトが全てですかね。
ラッキーライラックも前述の通り及第点のパフォーマンスでしたし、リリーノーブルに関してもそれは同様。

上位3頭はデータ的に見ても、下記、近5年の傾向通りでしたし…

・前走チューリップ賞組
※前走の着順、当日の人気問わず
・前走チューリップ賞以外の重賞で連対した馬
・10番より外の馬番の馬
・4コーナーを10番手以下で回りそうな馬

下記パドックの印象からも概ね妥当な結果。

・ラッキーライラックは前走並み。使っての上積みがなかったのは期待外れ。その分、他馬が割って入る隙が生まれた印象。
・リリーノーブルは使ってやや良化。その分、前走よりはラッキーライラックとの差は縮まった。
・アーモンドアイは良い仕上がり。大きな成長はないが状態は前走よりかなり上。これなら人気なりのパフォーマンスを期待出来そう。

4着トーセンブレス、5着マウレアと、昨年の阪神JF上位4頭にアーモンドアイが加わるだけの結果になったこと含め、アーモンドアイの末脚が想像以上に素晴らしかった点以外、概ね順当決着の印象を受けました。

オークス2018に向けて…

さて、これでこの路線は次はオークス2018。

NHKマイルカップ2018へ向かうのかな?とも思ったアーモンドアイも、レース後のルメール騎手やノーザンファームのインタビューを聞いている限り、素直にオークス2018へ行きそう。

となると、オークス2018の最大のポイントはそのアーモンドアイの距離延長ということになるでしょう。

それを踏まえた上で、今度はラッキーライラックが先着なるのか?安定感あるリリーノーブルはオークス2018でも馬券に絡むのか?その辺に焦点が当たるのでしょうかね。

同日の行われた忘れな草賞2018でインパクトある馬もいませんでしたから、とりあえずは素直に、桜花賞2018組を中心に考えるオークス2018となるのではないでしょうか。

今後も無料記事の更新を希望する方は1日1回【人気ブログランキング】をクリックしランキング向上にご協力いただけると幸いです。

-02.予想/回顧
-, , , , ,