02.予想/回顧

桜花賞2018予想/ラッキーライラックの評価

2018/04/09

今週日曜、阪神11Rで桜花賞2018が開催。

主役はもちろんラッキーライラック。
昨年の阪神ジュベナイルフィリーズ優勝、前哨戦のチューリップ賞も完勝で4戦4勝とパーフェクトな戦績ですから断然人気も納得です。

当記事では、そのラッキーライラックについて評していきます。

桜花賞2018におけるラッキーライラックの評価

私は単勝1番人気馬の評価を落とすことが多いですが、桜花賞2018のラッキーライラックは素直に高評価しています。事前予想をしろと言われれば最低でも対抗、本命を打つ可能性も充分あります。

理由は単純に、桜花賞2018の他出走馬と比較して総合点が優れていると評している為です。

リリーノーブル、マウレアとはここ2走である程度勝負付けが済んだ印象を受ける。逆転最有力候補はアーモンドアイに関しては、私は高い評価を与えていない。

他、これといった強力なライバルも不在で、ラッキーライラックの安定感を考えると、仮に1頭にやられることを想定しても、連以上の結果を残す可能性は高いのではないでしょうか。

前走のチューリップ賞2018も合格点を与えられるものでしたからね。

好位置につけて完勝というレース内容はもちろん、急激な成長こそなかったものの、2歳から3歳へと年を重ね、その年齢なりの成長は見せていた点も好感。2歳時より馬体全体がパワーアップした印象を受けました。

前走はステップレース仕様の仕上げ。一度使って良くなる雰囲気も醸し出していましたから、順調にいけば、今回はチューリップ賞2018以上の状態で出走可能でしょう。

前走があの内容で、今回は更にそれ以上が見込める。

そう考えると対抗より下に評価を落とす理由はこれといってなく、配当期待値の高い馬がいればそちらに本命でラッキーライラック対抗。そういった馬がいなければラッキーライラック本命になるのかなというイメージを持っています。

後は鞍上の石橋脩騎手が、クラシックの大舞台での断然人気のプレッシャーに潰されないかどうかだけでしょうね。

今後も無料記事の更新を希望する方は1日1回【人気ブログランキング】をクリックしランキング向上にご協力いただけると幸いです。

-02.予想/回顧
-, , ,