02.予想/回顧

桜花賞2018予想/アーモンドアイの評価

2018/04/09

今週日曜、阪神11Rで桜花賞2018が開催。

絶対的主役ラッキーライラックが断然人気の構図ですが、その対抗格1番手に挙げられているのが未知の魅力タップリのアーモンドアイ。

当記事では、そのアーモンドアイについて評していきます。

桜花賞2018におけるアーモンドアイの評価

今回、こういった評価を得ているのは、前走シンザン記念2018のインパクトが最大の要因でしょう。まずはそのシンザン記念2018から評しましょうか。

悪い馬場の影響もあり前残りの結果となった中、スタートで出遅れながら唯一追い込んで楽々差し切り。その内容は確かにインパクト充分なものでした。

しかし、当時の2着馬ツヅミモンが次走のクイーンカップ2018で惨敗。3着カシアスも芝1600メートルへ距離が1ハロン長い馬と、相手に恵まれていたという点は見逃せません。

その相手関係を差し引いて実際のアーモンドアイの総合点を見抜けるかどうかが、桜花賞2018におけるアーモンドアイの評価付けの最大のポイントになるでしょう。

私は、アーモンドアイに高い評価は与えていません。

理由は、シンザン記念2018で見せたアーモンドアイの馬体から、パフォーマンスほどのインパクトを受けなかったからです。

当時の馬体を見た印象としては、当時人気を分け合ったファストアプローチと総合点ではそう差がないかなといったもの。現状では距離も1400の方が良いかなといった印象で、少なくとも桜花賞2018を意識させられるほどの馬体ではありませんでした。

競走馬の評価付けにおいて馬体を重視する私としては、あの馬体では打倒ラッキーライラックに高い期待を持てません。

当日、当時より明確に成長した馬体での出走となれば話は変わりますが、事前予想をしろと言われれば恐らく無印評価となるでしょう。

リリーノーブルとマウレアが、阪神ジュベナイルフィリーズ2017、チューリップ賞2018の結果を受けて対ラッキーライラックで勝負付けが済んでしまった感が大きい。

その分、ラッキーライラックと勝負付けが済んでいないアーモンドアイに未知の期待が集まることは理解出来ますが、前走の馬体と今回の支持を比較すると、期待だけが先行し過ぎている感が否めない。

シンザン記念2018から直行でここを優勝出来るほど規格外の馬にも思えず、シンザン記念2018のインパクトが無駄にあったが故に、桜花賞2018のアーモンドアイの馬券期待値は低くなってしまっているというのが私のアーモンドアイ評となります。

桜花賞2018の枠順雑感を【人気ブログランキング】に公開中!興味ある方は応援クリックがてら覗いていって下さい。

-02.予想/回顧
-, , ,