02.予想/回顧

桜花賞2018予想/リリーノーブル、マウレアの評価

2018/04/09

本日、阪神11Rで桜花賞2018が開催。

これまでラッキーライラック、アーモンドアイについて評してきましたが、本日はそれらと上位人気を形成するリリーノーブル、マウレアについて評します。

桜花賞2018におけるリリーノーブル、マウレアの評価

リリーノーブル、マウレアの総合点比較

2頭は、阪神ジュベナイルフィリーズ2017とチューリップ賞2018で2度直接対決済。

前者がリリーノーブル2着、マウレア3着。
後者がリリーノーブル3着、マウレア2着で1勝1敗となっています。

2頭の総合点は、戦績通りほぼ互角と見ていますが、強いて優劣を付けるなら、僅かながらリリーノーブルが優勢と判断しています。

前走のチューリップ賞2018でリリーノーブルがマウレアに先着を許したのは、マウレアに一度使った上積みが明確にあった分。

今回2頭がどういった姿でパドックに登場するかはそれを見るまで分かりませんが、仮にリリーノーブルに上積みがあるようであれば、今度はリリーノーブルが先着する可能性の方が若干高いかと見ています。

ラッキーライラックを逆転する可能性はあるのか?

さて、ではこの2頭をラッキーライラック逆転の視点で見るとどうか。

阪神ジュベナイルフィリーズ2017、チューリップ賞2018を見る限り、2頭ともラッキーライラックとの勝負付けは済んでしまったというのが率直な印象。基本的には、逆転の可能性は薄いと見ています。

そんな中、強いて逆転の可能性を探ると、どういったケースが想定できるか。

リリーノーブルに関しては、ラッキーライラックが不利などの影響で自身の力を存分に発揮出来なかった場合、その可能性が最も高まると見ています。

リリーノーブルは自身の力を安定して発揮出来る馬。今回も、概ね想定通りのパフォーマンスをしてくるでしょう。

ラッキーライラックを自力で負かせるだけの総合力、武器には欠けるリリーノーブルですが、一連の結果を見ると、他馬との比較では上位の存在。ラッキーライラックが沈んでさえしまえば、相対的に押し出される形で優勝となるチャンスは生まれると見ます。

マウレアに関しては、極端な追込策を採れば、ほんの僅かではあるものの勝機を見出せるかなと見ています。

前走は権利取りのために安全運転となったマウレアですが、極限まで脚を溜めるに溜めれば、リリーノーブルよりは切れる脚を使える可能性があります。

それでも、ラッキーライラックが完璧なパフォーマンスを見せてしまえばそれを交わすのは辛い印象ですが、仮にラッキーライラックがこれまでより少し落ちるパフォーマンスに終わるようなら、その脚がハマればラッキーライラックを捕える可能性も生まれると見ます。

と、ここまでの通り、いずれにしても2頭がラッキーライラックに先着して優勝するには、自力でラッキーライラックを負かすというより、そのラッキーライラックが想定より低いパフォーマンスに終わる必要があるという印象。

それを考慮するとこの2頭の1着からの単式馬券を買うなら単勝オッズ10倍前半程度欲しいところで、それ以下のオッズとなると、馬券期待値は高いとは言えないかなと判断しています。

今後も無料記事の更新を希望する方は1日1回【人気ブログランキング】をクリックしランキング向上にご協力いただけると幸いです。

-02.予想/回顧
-, , , ,