005.雑記

ブログ管理人(ニート馬券師)について

競馬を始めたのは90年代後半。
最も愛着があるのはスペシャルウィーク世代前後の男です。

競馬のほかの趣味は、FX、パチスロ、麻雀などのギャンブル。ビジネス書から雑誌・漫画までの幅広いジャンルの読書、などです。もちろん、ギャンブルについては趣味の範囲とはいえ勝ちに拘ってやっています。これは性格でしょう。

ニートを連想させるハンドルネームですが、現在は馬券収入の他に、当ブログの会員様からいただいている会費、他事業の収入などがあり、ニートの概念には当てはまりません。

馬券収入のみで生計を立てていた時代に開設した旧ブログ時代につけた名前を継続して使っているだけで、騙そうという意図がある訳ではないのでご承知おき下さい。

予想スタイル・馬券スタイルについて

予想するにあたって最も重視している要素はパドックです。

別の記事で改めて詳しく書きますが、多くの人が軽視するパドックを重視し他の人と差をつけることで馬券収支プラスが可能になっていると考えています。

その他、基本的な要素である、出走馬の前走内容、能力・適性比較、トラックバイアス、枠順ももちろん考慮しています。

それらを意識しつつ、最も重視しているパドックで微調整し、オッズの動きを直前まで観察した後、締切1~2分前に馬券投票。これが予想→馬券購入までの大まかな流れです。

馬券を買うレースはかなり絞る部類に入るかと思います。月で平均すると0~10レース程度でしょうか。

前述のよう予想においてパドックを重視している訳ですが、馬券購入に値するだけの状態にある馬の出走はそう多くないだけにそういう結果になってしまいます。

試行回数が少ないと収支がブレる可能性が上がるため馬券生活時代はもう少し買っていましたが、馬券以外の収入もある今は、買う・買わないの選択をよりシビアにしても問題がなくなったというのも影響しています。

得意な競馬場は東京、京都、新潟。ダートはあまり買わず、基本は芝レース中心になります。得意な距離は芝1400~芝2400メートルです。

馬券は単複、2連式馬券がベースです。点数は基本1~2点、多くて3点まで。時に、加えて3連単1~6点程度買うこともあります。もちろん、例外のケースもございます。

この辺り、別記事で詳細などを書く予定ですので、興味ある方はそちらをご覧いただけますと幸いです。

-005.雑記