レース回顧

ローズステークス2016回顧|秋華賞2016の注目馬は?

2016/09/22

シンハライト・ジュエラーの2強で堅いと思われていたローズステークス2016ですが、終わってみれば3連単105,940円という波乱の結果。思い描いていたイメージと異なるレースと感じた人が多かったのではないでしょうか。

ただ、これは開催時の馬場の影響が大きかったという判断で良し。

2レース前の能勢特別が11番人気プリメラアスールの逃げ切り。1レース前の仲秋ステークスもブラヴィッシモ・ムーンクレストで行った行ったの決着。

後者は人気通りの結果とも言えますが、馬場悪化で、普通の差し馬ではとても持ち前の末脚を活かせる芝コースではなくなっていたからです。

ローズステークスにしても、クロコスミアはこれまで通り控える競馬をしていたら馬群に沈んでいたはず。未勝利勝ちが重馬場、札幌2歳ステークス2015の3着が稍重と馬場適性のあるクロコスミアに逃げる競馬をさせる岩田騎手のファインプレーでしたね。

ローズステークス2016レース動画

明暗を分けた2強

そんなローズステークス2016で明暗を分けたシンハライトとジュエラー。これも馬場適性の差かとなると、それだけでない明確な差があったと分析しています。

パドック解説でもお伝えした通り、シンハライトはプラス14キロでの出走も緩いところは全く感じさせず、体重分そっくりそのままパワーアップ。春と比較して明らかに成長した馬体に。本質的には合わないこういう馬場であのパフォーマンスをしたことで、その総合力の違いを、より浮き彫りにする形になりました。

一方のジュエラーのプラス体重は、春からの大きな成長はない、余裕残しの馬体が故の体重。タラレバではあるものの、良馬場だったとしても、掲示板の下の方に終わっていた可能性も充分あったでしょう。

春はほぼ互角だったシンハライトとの差は、シンハライトが成長した分、現時点では差がつく形に。一度使って急激に良化する可能性もあるものの、それ以上に、余裕残しの馬体でこの馬場で走ったことによる肉体的反動、惨敗による精神的ダメージの方に心配が残ります。

秋華賞2016の注目馬

今日の結果を受けて、秋華賞2016はシンハライト一本被りの人気が濃厚。その期待に応えられるのかが、大きなポイントになるでしょう。

先に挙げたよう、総合力では人気通りシンハライトがリードした構図と考えて問題ないでしょう。ただ、舞台は京都芝内回り2000メートル。内回りコースがどうなのか、その点はきっちり検討すべき要素になります。

一方の人気を裏切ったジュエラーは、2~3番人気で単勝10倍未満程度でしょうか。シンハライトとの単勝オッズの差は開くにしても、骨折明け・馬場状態と、誰でも敗因がすぐ浮かぶだけに、極端に人気を落とすことはないと推測されます。

とはいえ、これまでと比較すると良い配当。
その人気落ちで触手が動くかどうかとなりますが、当日のパドックを見るまで何とも言えない部分はあるにしても、事前予想としては魅力は感じないという印象です。紫苑ステークス2016を制したビッシュがいますが、ローズステークス同様、秋華賞2016もヒモ荒れとなる可能性は充分あると見ています。

ローズステークス2016組からその候補を1頭挙げるなら【人気ブログランキング】(※クリックして馬名を確認!)

今日の敗戦は明らかに馬場の影響。体重増分は丸々成長分なだけに、仮に出走してきて良馬場・内枠、直線イン強襲出来るようなら、一発の可能性は充分あると見ています。

【必見】管理人愛用の競馬データベースKLANとは?
口コミで大爆発!とにかく儲かる無料予想が評判の競馬スピリッツとは?

-レース回顧