競馬予想

ローズステークス2016予想|シンハライト・ジュエラーの2頭で鉄板か?

2016/09/22

今週は秋華賞トライアル・ローズステークスが開催。

本番でも馬券圏内3頭中2頭占めているよう、イメージ通り秋華賞の最重要ステップとなっているレースです。今年も、オークス3着馬ビッシュこそ紫苑ステークスへ回ったものの、春のクラシックで活躍した馬が多数参戦。秋華賞へ向け重要なレースとなってくるのは間違いないでしょう。

中でも注目はもちろん、桜花賞馬ジュエラーとオークス馬シンハライト。

春の直接対決では1勝1敗だった2頭が、夏を越してどう成長してきたか、注目が集まります。

ローズステークス2016はシンハライト・ジュエラーの2頭で鉄板か?

その2頭の馬連が断然人気となりそうなローズステークス2016。オッズ通り鉄板なのか?というのが競馬ファンの一つの関心毎でしょう。

言うまでもなく総合力ではこの2頭が抜けていて、適性面でも大きな問題はありません。仕上がりさえ問題がなければこの2頭で決まる可能性は充分あると見ています。ただ、他馬に付け入る隙が全くないかとなると、そういう訳でもまた、ないだろうという評価です。

両陣営にとって、本番はあくまで秋華賞2016。ローズステークスがどうでも良いという訳ではないでしょうが、あくまで本番に向けてのステップ。仮に優勝出来なくとも、本番に向けて収穫有りならOKといった頭があるはずだからです。

多少余裕を持たせた仕上げにするのは当然として、それ以外にも、これまで試せていなかったことの試験、最大のライバルを本番で負かすための観察・実験など、先を見据えたことをしてくる可能性が大いにあります。それでも総合力の差で2頭が1-2着する可能性も一定以上あると思いますが、他馬が付け入る隙が、そこに僅かながら残っているでしょう。

シンハライト・ジュエラーの2強に割って入れる馬は?

では、シンハライト・ジュエラーの2強に割って入るならどの馬か?

候補としては、50音順に、アットザシーサイド・アドマイヤリード・カイザーバル・デンコウアンジュ・ラベンターヴァレイ・レッドアヴァンセが挙がるでしょう。

最大のポイントは、夏を越してどれだけ成長しているか。

今名前を挙げた馬を挙げた馬のほとんどは、春の時点ではまだ頼りなさが残っていた馬たち。夏を越して大きく成長してくる可能性を持っています。2強に肩を並べるほどの成長を望むのは酷だとしても、2強の隙を突けるだけの総合力に達する可能性は充分あります。当日のパドックや返し馬で、その点、要観察でしょう。

もう1つのポイントとしては、枠順。

仮に一夏越しての成長を見せてきたとしても、2強の仕上がりが今一つでもなければ、ガチンコ勝負で2強に割って入るのはやや苦しい。隙を突くとなればやはりそれを可能にする内枠から中枠が欲しいところです。少なくとも外枠は引きたくないところで、枠順にも要注目でしょうね。

と、ポイントを挙げてみたものの、2強に割って入る可能性が特別高そうな馬は、出てこないという可能性の方が高いかなというのが正直な印象です。馬連2倍前後、3連単10倍台の馬券では期待値に見合わないと評している2強の組み合わせを積極的に買う気はないものの、それで決まってしまうようなイメージの方が正直強いです。馬券は基本、見送りの線かなと思っています。

買えるケースとしては、パドックや返し馬で魅力的な馬がいた場合。2強の好走期待値が高いだけに、そういう馬が見つかればそこから2強へぶつけるシンプルな馬券で的中期待値はグッと高まります。もしそういう馬がいるようなら、逆に期待値の高いレースとなるかもしれませんね。

ちなみに、2強の後先で言えば、65:35程度で【人気ブログランキング】(※クリックして馬名を確認!)優勢だと見ています。チューリップ賞はほぼ互角の内容も、桜花賞での内容は、こちらが僅かばかり上と評しています。

新潟記念◎ロンギングダンサーに続き、セントウルSでもラヴァーズポイントズバリ!
口コミで大爆発!とにかく儲かる無料予想が評判の競馬スピリッツとは?[PR]

-競馬予想