レース回顧

セントライト記念2016回顧|菊花賞2016でのディーマジェスティの評価

2016/09/22

シンハライトを除く人気馬が総崩れとなったローズステークス2016に対し、人気上位馬同士での決着となったセントライト記念2016。

注目のディーマジェスティも、人気ほど余裕ある内容ではなかったものの、秋緒戦、一先ず及第点のスタートを切ることが出来ました。

神戸新聞杯2016でのサトノダイヤモンドのパフォーマンス次第ではあるものの、ディーマジェスティが菊花賞2016で2番人気以上の支持を集めることはこれでほぼ確定的。

今回の結果を受けディーマジェスティを菊花賞2016でどういった評価にするか、現時点の印象を今日は簡単に書いておきます。

セントライト記念2016レース動画

菊花賞2016でのディーマジェスティの評価

パドックを見た瞬間、大きな成長を感じられたローズステークス2016のシンハライトに対し、セントライト記念2016パドックでのディーマジェスティの第一印象は、春からほぼ成長していないなというものでした。

案の定レースの方も、4コーナー手前から上がっていく際は「おっ」と思ったものの、直線では手応えほど伸びず。

きっちり勝ったこと自体には一定の評価は与えられるものの、プロディガルサンに並びかけられたことも、ゼーヴィントに最後まで食い下がられたことも、ディーマジェスティに賭けられている期待からすると物足りない印象でした。

京都芝外回り3000メートルは、展開や馬場によってはディーマジェスティに欠けるスピード・瞬発力・一瞬のキレを求められる舞台。 使った上積みはあるにせよ、サトノダイヤモンドが春から大きく成長しているようだと、菊花賞2016、優勝争いとしては非常に苦しい戦いになるのではというのが現時点の評価です。

セントライト記念2016上位入線馬の評価は?

そのディーマジェスティの僅差の2着となったゼーヴィント。

会員様にはお伝えした通り、パドックでは一夏越して成長した姿を披露。世代セカンドグループ上位に位置出来るまで総合力を高めてきました。

4コーナー手前からディーマジェスティが仕掛けたことによって、そのペースに合わせた走りを余儀なくされる展開。それでいて直線、ディーマジェスティに突き放されることなく最後まで粘ったのが何よりの成長の証でしょう。

菊花賞となるとさすがに距離が長いかなという印象ですが、この成長力を見ると、東京芝1800~芝2000メートルなら、ディーマジェスティを逆転するシーンがあっても不思議なし。来年の中距離路線では活躍が期待出来る1頭でしょう。

3着のプロディガルサンは評価が難しいところ。

パドックでは期待していた成長を感じられなかったものの、レースではあわやのシーン。それに一定の評価を与えたいところも、ディーマジェスティがあの位置から仕掛けたことで展開が向いた部分があること、馬体の裏付けもないとなれば評価は保留とするのが無難。次走、ないし次々走が試金石でしょう。

菊花賞となると、距離適性は問題ないでしょうが、ディーマジェスティ以上に、スピードや瞬発力、一瞬のキレに欠けるタイプ。展開や馬場に大きく左右されるのは間違いないでしょう。

叩いて馬体に明らかな良化がない限り総合力的にもやや厳しい印象で、展開や馬場がこの馬向きになるか、使った大きな上積みがないと、こと菊花賞2016では厳しい戦いになりそうです。

馬券圏外から注目したい馬は【人気ブログランキング】(※クリックして馬名を確認!)

今回は見せ場なく惨敗の結果も、馬体には着実な成長が伺えました。自己条件で条件が揃えば、充分上位争い出来るレベルにはあると言って良いでしょう。

【必見】管理人愛用の競馬データベースKLANとは?
口コミで大爆発!とにかく儲かる無料予想が評判の競馬スピリッツとは?

-レース回顧