競馬予想

セントウルステークス2016予想|ビッグアーサーに付け入る隙あり!逆転候補の有力馬は?

2016/09/22

今週から中山阪神開催。

その初週はあまり盛り上がらないことも多いものですが、今年はセントウルステークスのビッグアーサー対ダンスディレクター、京成杯オータムハンデのダノンプラチナ対ロードクエストで一定の盛り上がりとなりそうですね。夏競馬、あまりテンションの上がらなかった人も、楽しみにしていることでしょう。

当ブログでは、今週末、この2つのレースを展望。本日はまず、セントウルステークスの方を取り上げます。

セントウルステークスで競馬ファンがまず注目しているのは、ビッグアーサで堅いのか?という点でしょうか。そのあたりを中心に見解していこうと思います。

ビッグアーサーの評価

それでは早速、そのビッグアーサーについて見解していきます。

結論から言えば、優勝する可能性は人気ほど高くない、という評価をしています。

気になる点は2つ。
高松宮記念2016優勝の内容、それ以前のビッグアーサーの戦績です。高松宮記念2016から間隔が空いていることで、色々と頭から抜け落ちている人もいると思うので、その辺簡単に触れていきましょう。

高松宮記念2016優勝の振り返り

高松宮記念2016優勝の何が気になるのかと言うと、当時の中京芝が異常なほどの高速馬場だった点です。

忘れている人もいるかもしれませんが、高松宮記念2016当日の芝コースは、高松宮記念だけでなく、7R、10Rでもレコード決着となるほどの高速馬場でした。1日にこれだけレコードが出る馬場も珍しい。特に、10Rで記録した芝2200メートルの2分9秒台は、準オープン戦だったことも考えると驚異的なものです。

優勝自体にケチをつけたい訳ではありませんが、ビッグアーサーの高松宮記念制覇は、この馬場が味方した部分も随分あったのではと見立てています。

高松宮記念2016以外で、印象に残っているビッグアーサーのレースを挙げろと言われれば、多くの競馬ファンはオパールステークス2015を挙げるでしょう。相手関係が弱かったとはいえ、 着差、時計とも圧巻。一見一皮向けたように見えました。

しかし、蓋を空けてみれば、次走、同じ舞台で行われた京阪杯2015で断然人気ながら2着の結果。位置取りが悪かったという言い訳は出来るレースですが、断然人気を裏切る結果となりました。

高松宮記念2016と、そのオパールステークス2015で共通している点が、高速馬場でも好時計勝ちだったという点。そこから、ビッグアーサーは高速馬場に滅法強いのではないかという仮説を立てることが出来ます。

特に高松宮記念2016は、他有力馬で高速馬場大歓迎といった馬がいませんでした。実力差も少ないメンバー構成でしたから、その適性差が優勝に繋がった可能性は充分にあります。今週の阪神芝コースがどういった馬場なのかはやってみないと分かりませんが、馬場次第ではその点、予想の際考慮してみても良いでしょう。

ビッグアーサーの戦績

その高松宮記念制覇の影響ですっかり忘れてしまった人もいると思いますが、ビッグアーサーの戦績は、それ以外にももう1つ特徴があります。それは、高松宮記念2016以外の重賞では、常に1番人気を裏切ってきていたという点です。

条件戦、オープン特別こそ1番人気で結果を残していますが、高松宮記念2016を除く重賞での1番人気成績は[0-2-1-1]。高松宮記念2016が馬場の恩恵を受けたのものだとすると、今回また、この悪癖が露呈する可能性があります。「馬券力UPで競馬に勝てる」の記事でも書きましたが、こういう特性を持った馬は、それを繰り返す傾向が強いからです。

あえてプラス材料を挙げるなら、高松宮記念2016以外は福永騎手以外が鞍上だったという点。高松宮記念2016の優勝は、福永騎手とビッグアーサーの手が合った故のものだったとすると、今回もまた、優勝に繋がるパフォーマンスをしてくれるかもしれません。

ダンスディレクターなど他有力馬の評価

ビッグアーサーに付け入る隙があるとなると、それを逆転出来る馬がいるのか?というのが一つのポイント。ここからは、それを期待される他人気上位馬について見ていきます。

推定2番人気はダンスディレクター。
高松宮記念2016は脚部不安で無念の回避となってしまいましたが、シルクロードステークス2016の高パフォーマンスから、仮に出走していれば良いパフォーマンスをしていたでしょう。

ただ、ビッグアーサー同様、その前走の内容を素直に鵜呑みに出来ない部分があります。

確かに高パフォーマンスだったシルクロードステークス2016ですが、浜中騎手が1枠1番を活かした完璧な騎乗をしたこと、また、それが活きる展開だったことによる結果だったからです。

同レースにはビッグアーサーも出走しており、そちらは1番人気5着と人気を裏切りましたが、当時のビッグアーサーは8枠16番。仮に当時の2頭の枠順が逆だったら、結果も逆だった可能性は充分あるでしょう。

シルクロードステークス2016レース動画

もう1つ忘れてならないのは、当時のダンスディレクターは、キャリアハイと呼べる状態にあったこと。

今回は、休み明けなことに加え、大目標はあくまで次のスプリンターズステークス。果たして、当時と比較してどれだけの状態での出走となるか。それがパフォーマンスに与える影響は小さくないでしょう。

それに次ぐ推定3番人気はネロでしょうか。
展開有利なのは間違いないですが、直線坂のあるコース、中央場所のレースとなると正直格でやや劣る印象があります。展開利と安定感から、一定のパフォーマンスはするのでしょうが、単勝オッズほど優勝の期待値が高いとは思えません。

4番人気前後となりそうな昨年2着馬のウリウリにしても、キャリアハイとなるのは昨年で、ここで巻き返してくるイメージはあまりありません。パドックを見る前の現時点で積極的に買いたい馬は皆無というのが正直なところです。

強いて注目馬を1頭挙げるなら【人気ブログランキング】

前走人気を裏切ったことで3走前をフロック視する人もいるかもしれませんが、そうではないは私は考えています。2走前に、明らかに本格化した馬体を披露していたからです。

間隔を空けて立て直し、当時の状態で出走となれば、前走から一変の可能性は充分にあります。ビッグアーサーやダンスディレクターは勿論ですが、この馬も当日のパドックは注目でしょう。

先週は虎石晃が9番人気ロンギングダンサー本命で相手2頭が1、2着の完璧予想!
口コミで大爆発!とにかく儲かる無料予想が評判の競馬スピリッツとは?[PR]

-競馬予想