002.レース回顧 014.シンザン記念

シンザン記念2017回顧|今年も波乱の結果!穴を開けたのはまたしても前走条件戦組のキョウヘイ!

2017/01/16

雨の中行われたシンザン記念2017は8番人気のキョウヘイが優勝。
2着に4番人気タイセイスターリー、3着に1番人気ペルシアンナイトが入線し3連単151,880円。過去8年で5回記録していた10万馬券決着に今年もなりました。

波乱要因は、直前の雨の影響を受けた馬場と、ペルシアンナイト・アルアインの馬連オッズがあまりに被っていたことでしょう。特に、後者のオッズは明らかに過剰だったと思います。

素質馬が参戦してきた今年も、一見堅く収まりそうに見えて、波乱の余地を充分残していると思います。少なくとも2強で仕方ないとレース前から白旗を挙げざるを得ないようなレースではないでしょう。

予想時にも評した通り、ペルシアンナイトとアルアインはそれぞれ死角を持っており人気ほどの信頼性には欠けていました。

素質と実績・相手関係を考えれば馬連1番人気になるのは納得ですが、馬連オッズとしては妥当なラインは7倍~8倍。最終オッズ馬連430円は、明らかな過剰人気と言えましたね。

特にアルアインの方は、予想時にも指摘した通り、まだまだ馬体に緩さ残る現状。直前から強まった雨の影響を受けた馬場状態を考えると、高い評価はしづらい状況にもなりました。

この組み合わせで勝負してしまった人は、本当にその馬券で勝負する価値があったかどうか今一度振り返ってみる価値はあるでしょうね。

的中出来た人には簡単だったかもしれない10万馬券!

さて、3連単10万馬券というと「どうやっても的中出来ないな」というケースと「上手くやれば獲れたかもしれないな」と感じるケースがあるかと思います。

今回の10万馬券は、後者と感じた人も多かったのではないでしょうか。

この馬券を獲れるかどうかのポイントの一つはキョウヘイを高評価出来るかどうかだったと思います。そのキョウヘイに、3つの買い材料がありましたからね。

1つに。
キョウヘイの前走は、千両賞2016で今回2強の一角に支持されたアルアインの2着だったこと。当時のゴール前のインパクトはキョウヘイの方が上だっただけに、アルアインがここまで人気なら、キョウヘイを高評価する人も一定数いたでしょう。

2つに。
加えて、過去10年のシンザン記念で穴を開けた12頭11頭が前走条件戦組というデータに当てはまっていたこと。データ重視派の人にとっては狙いやすい状況にありました。

3つに。
パドック会員様にはお伝え通り、ハマればこの馬場でも良い脚を使えそうなだけの馬場適性があったこと。直前で評価を上げやすい状況にありました。

結果論ではありますが、これだけ買い材料があった馬から比較的人気上位馬へで決まって3連単15万馬券なら、的中した人からしたら「してやったり!」だったのではないかと思います。

ニートさんシンザン記念獲りましたよ!本命だったペルシアンナイトにニートさんも◎評価、▲で推してくれたキョウヘイとの3連単2頭軸マルチで3連単15万馬券ゲット!金杯に続いて的中でスタートダッシュ決まりました!

的中した会員様おめでとうございます。

人気を裏切ったペルシアンナイトとアルアインの評価

さて、人気を裏切ってしまった2頭、ペルシアンナイトとアルアインについても改めて振り返りましょうか。

ペルシアンナイトは、直線外からマイスタイルに完璧に蓋をされ、最内を突く形になってしまったのが痛かったですね。

京都12Rを見た印象含めると、シンザン記念前後から、恐らくキョウヘイが通った場所より内は伸びを欠く状態となっていた。トラストの外へと進路を取れれば、2着以上は充分あったように思えます。

アルアインは、ただでさえ今日の馬場への適性が高くない中、 直線入口で挟まれてしまった時点でジエンド。いずれにしても馬券には絡めなかったとは思いますが、その分、前と着差が開く形になってしまいました。

2頭の今後ですが、隙間重賞クラスなら、といったところでしょうか。今回、残念ながら大きな成長なしでの出走となっていただけに、主要重賞クラスだと、相手関係にもよりますが急成長を見せない限り苦しくなる可能性が強い印象です。

…となると、目の前のレースで言えばアーリントンカップあたりですかね。特にアルアインは今日の敗因が明確ですし、阪神芝1600メートル替わりも良い。多少でも成長して上積みがあるようなら、巻き返しの可能性は充分あるかと思います。

フェアリーステークスも穴馬推奨ライジングリーズンが単勝10番人気で1着。毎開催募集しているパドック会員の詳細はコチラ!
競馬人気ブログランキングに参加中。上位のブログより良い記事を書けるよう精進しますので、記事を楽しめた方は【人気ブログランキング】を応援クリックいただけると幸いです。

-002.レース回顧, 014.シンザン記念