002.レース回顧 042.スプリングステークス

スプリングステークス2017回顧|ウインブライト優勝。皐月賞2017で買える馬はいるのか?

2017/03/22

スプリングステークス2017は5番人気ウインブライトが優勝。

2着に2番人気アウトライアーズ、3着に6番人気プラチナヴォイスが入線。1番人気サトノアレスは4着、3番人気トリコロールブルーは5着と掲示板止まりでした。

レースを終えた直後の感想は「ここも各馬今一つのパフォーマンスだったなあ」というもの。

同じ皐月賞トライアルである弥生賞、若葉ステークスも同様の感想でしたが、引き続き皐月賞2017は混沌ですね。今週末に毎日杯2017が残されてはいますが、絶対的主役不在でレースを迎えることになりそうです。

そんな本番皐月賞でスプリングステークス2017組で人気するのは、ウインブライト、アウトライアーズ、サトノアレスの3頭でしょうか。

当記事ではその3頭について簡単に触れていこうと思います。

ウインブライトの評価

まずは優勝したウインブライト。

いかにもなトライアル馬といったパドックの雰囲気。
実際のレースパフォーマンスからも主要G1でどうこうといったスケールは感じませんでしたし「さあこれでクラシックだ」という印象はありませんね。

近年のスプリングステークスで馬券に絡んだ馬で言えば、2016年のマイネルハニー、2014年のクラリティシチーと同程度の格式の印象。

以降のキャリアを想像すると「主要重賞では好走するもやや足らず、重賞で馬券に絡むなら隙間重賞で」という感じの印象を受けました。

後は、レベルの低い今年の牡馬クラシック路線で相対的にどこまで浮上出来るかといったところですかね。日本ダービー2017では厳しそうですが、強みである機動力を考えると、皐月賞2017ならチャンスはあるでしょうか。

アウトライアーズの評価

2着アウトライアーズは期待していた休養期間内での大きな成長がなかった。残念です。

レースパフォーマンスもあまり迫力を感じるものではなく、ちょっと底を見せた感じはありますね。クラシック本番で積極的に買いたいような気持ちは起きません。

今回の馬体、そしてレースを見る限り、距離延長が好材料にはならなそうな印象も受けます。

まだ適性を完全に掴み切れない部分はありますが、金星を獲るならひいらぎ賞2016のようにマイルで大味な競馬をする方が良さそう。この春最もチャンスあるG1レースは、NHKマイルカップ2017かもしれませんね。

サトノアレスの評価

1番人気サトノアレスはまあこんなところでしょう。

出遅れとこの馬向けでなかった展開だったことを考えると及第点とも言えますが、底を見せたとも言えるパフォーマンスだったかなとも思います。

今回の馬体と末脚を見ると、こちらもアウトライアーズ同様、距離延長は好材料にはならなそう。こちらも、この春最もチャンスあるG1はNHKマイルカップ2017ではないでしょうか。

ただ、皐月賞2017なら、条件次第でチャンスは残るかなと見ています。

センスは非常にある馬で、まともにスタートを切ればもっと良い位置を楽に採れるはず。一瞬のスピード・キレはありますから、内枠を引いて立ち回り勝負の展開になれば、勝ち切るまではともかく連下ならあっても納得ですね。

スプリングステークス2017その他注目馬

この組での他注目馬は素直に5着トリコロールブルーでしょう。

この舞台であの位置から競馬してのこの結果は、馬券を買った人にとっては残念ですが内容には及第点を与えられると思います。

距離延長となるダービートライアルなら更にやれるのではないでしょうか。恐らくその頃には、今回より多少なりとも成長もしているでしょう。

もう1頭挙げるなら【人気ブログランキング】(※クリックしてコメント欄を確認下さい) 。

今回は良いところなしの結果でしたが、これはやはり条件が向かなかった影響が大きい。充分走れるだけの状態ではあるので、条件変われば見直せるかと思います。

【重要】3回中山会員募集中!詳細はコチラをクリックしてご覧下さい!

【関連記事】
スプリングステークス2017予想|サトノアレスなど上位人気馬の評価と穴馬候補

-002.レース回顧, 042.スプリングステークス