02.予想/回顧

スプリングステークス2018予想/ルーカスの評価

2018/03/16

今週日曜、中山11Rでスプリングステークス2018が開催。

先日の記事では1番人気が想定されるステルヴィオについて見解しましたが、本日は、モーリスの弟ということでデビューの頃から注目を集めていたルーカスについて評します。

スプリングステークス2018におけるルーカスの評価

まずは昨秋の2重賞。
東京スポーツ杯2歳S2着、ホープフルS6着について評しましょうか。

モーリスの弟、新スター誕生を期待していた人からすると物足りなく感じると思われるこの結果ですが、個人的には及第点を与えています。

デビュー戦の頃から一貫して言えますが、昨年のルーカスはまだ、馬体に全く実が入っていない、素質だけで走っている状態。

少頭数だった東京スポーツ杯2歳ステークスはまだしも、中山芝2000メートルのG1を馬体に実が入っていない状態で走るというのは、揉まれて大惨敗しても何ら不思議ない条件。

そこで、見せ場こそなかったものの大崩れもしないで6着というのは、モーリス並みのパフォーマンスを期待していた人からしたら物足りないかもしれませんが、一般的な2歳馬として考えれば一定の評価を与えられるものだと思います。

さて、そこから迎える今年緒戦。
最大のポイントとなるのは昨年からの成長でしょう。

中山芝1800メートルという条件はルーカスにとって決して良い条件ではありません。ただ、馬体に実が入ってきてさえすれば、昨年よりかなり高いレベルで長く良い脚を使えるようになるはず。

本格化の入口に達するのは早くても今秋と予測していますが、持っている素質を考えると、成長の大きさ次第では、現時点でもステルヴィオと追い比べをして競り落とせるだけのレベルに達する可能性は充分ある。

どういう乗り方をするか読みづらい分、血統背景で人気先行する現状、上位人気で馬券を買うほどの魅力には欠けます。

ただ、ルーカスの今春を占う上で、スプリングステークス2018でのパドック、パフォーマンスは、当然注目しておくべきポイントでしょう。

今後も無料記事の更新を希望する方は、ページを閉じる前に【人気ブログランキング】をクリックしランキング向上にご協力いただけると幸いです。

-02.予想/回顧
-, , ,