競馬予想

スプリンターズステークス2016予想|他路線組の評価と事前予想印

2016/10/03

今週末開催される、下半期最初の中央競馬G1スプリンターズステークス2016。

セントウルステークス組とキーンランドカップ組についてはこれまでの記事で見てきたので、本日は他路線から参戦する馬について評価していきたいと思います。

関連記事
スプリンターズステークス2016予想|セントウルステークス組の評価
スプリンターズステークス2016予想|キーンランドカップ組の評価

出走馬の大半が前述2レースからの参戦な中、別路線から臨んでくるのは50頭順に以下の4頭。

京王杯スプリングカップ2016からのぶっつけ参戦となる昨年の2着馬サクラゴスペル。北九州記念20162着からの参戦ベルカント。高松宮記念20162着からのぶっつけ参戦ミッキーアイル、CBC賞優勝からの参戦レッドファルクス。

それぞれ実績のある馬たちですが、中でも注目が集まるのは、ベルカント、そして推定2番人気が予測されるミッキーアイルでしょう。

本日はまずこの2頭について見解した上で、スプリンターズステークス2016の事前予想まとめとしたいと思います。

ベルカントの評価

まずはベルカントの評価から。

ご存じの通り、昨年もスプリンターズステークスに参戦しましたが、その時のローテーションがCBC賞(取消)→アイビスサマーダッシュ(優勝)→北九州記念(優勝)。

今年もそれと全く同じローテーションでの参戦で、CBC賞(3着)→アイビスサマーダッシュ(優勝)→北九州記念(2着)。

昨年と今年で、戦績自体はほぼ同じと言えますが、パフォーマンスそのものは、着順同様、今年の方が若干ではありますが落ちている印象があります。

特に前走の北九州記念2016はベルカントが断然人気になるほど手薄なメンバー構成。

コース取りが難しい馬場、断然人気で勝ちに行く必要があった、優勝したバクシンテイオーが非常に良い出来だったなど、それらしい敗因を挙げることは出来ますが、スプリンターズステークスで好成績を挙げる期待感を出すなら、それでも昨年同様優勝しておきたかったところ。

重賞連勝から臨んだ昨年のスプリンターズステークスが2番人気13着。負けるときは大きく負けるタイプの馬だけに他の馬の大敗ほどマイナス評価する必要はありませんが、この着順は中山芝1200メートルへの適性の低さも反映されてのもの。

展開と騎乗が完璧にハマれば一発期待出来る馬ではありますが、昨年より若干でも総合力が衰えているとなると、昨年以上の着順はまだしも、馬券圏内となると大きな期待は持てない印象です。

ミッキーアイルの評価

一方のミッキーアイルも去年と今年でほぼ同じローテーション。違うのは、昨年高松宮記念後に参戦した安田記念に、今年は参戦していない点のみです。

その昨年が阪急杯(2着)→高松宮記念(3着)→(安田記念15着を挟んで)スプリンターズステークス4着。

対し今年は阪急杯(優勝)→高松宮記念(2着)からのスプリンターズステークス参戦。

ベルカントとは対照的に、昨年より好成績を残した上でのスプリンターズステークス参戦となります。

では、そのスプリンターズステークスでも昨年以上の成績を残してくるのか?

阪急杯2016のパドックを見ると、ミッキーアイルは昨年より全体的にパワーアップしています。今年の上半期が昨年以上の結果を残せているのも、その一つの証明と言って良いでしょう。

ただ、2年連続高松宮記念2016で馬券に絡んでいる馬に対して妙な表現ではありますが、ミッキーアイルの本質はスプリンターではない。どうしても、G1となるとワンパンチ足りなくなるのがイメージできます。

特に、中山芝1200メートルとなると中京芝1200より適性が低く、
外枠での好スタートという絶好の競馬となった昨年でも4着。騎手がもう少し上手く乗っていれば2着はあったレースだと思いますが、サクラゴスペル・ウキヨノカゼに先着を許しているのは物足りません。

一定のパフォーマンスは期待出来ても、優勝となると何らかに恵まれる必要がある。一つ間違えば、馬券圏外となる可能性も充分となると、中位人気ならともかく、2番人気では馬券的に魅力に欠けるという印象です。

スプリンターズステークス2015レース動画

スプリンターズステークス2016事前予想

3回にわたって展望してきたスプリンターズステークス2016。現時点で印をつけるならこういう形になるでしょう。

◎シュウジ
【人気ブログランキング】
△ビッグアーサー

本命シュウジは、前走の行き脚が好感。
2歳時は芝1200メートルへの適性に不安がありましたが、ここ2走を使ったことでスプリンター仕様に仕上がった印象。
中山芝1200メートルへの適性はメンバー中最上位級で、能力値とオッズのバランスが最も良いという評価です。

ただ、本来であれば対抗評価としたかった馬。絶対値が抜けている訳ではないので、シュウジにとって良い枠順である3枠~4枠を引きたいところ。

その枠を引いて、当日のデキ・気配も良ければ、複勝下限190円あれば期待値的には馬券を買うか考えて良いラインにはなってくると思います。

対抗は【人気ブログランキング】(※クリックして馬名を確認!)
前走は明らかに仕上がり途上だっただけに、使われての上積みに期待、というよりそれが好走のための最低条件となります。仮に一変してないようであれば、その時点で無印降格でしょう。

ハマった時の脚は凄い馬。中山芝1200メートルへの適性も高く、状態一変なら爆発の可能性は充分。

人気がどこに着地するか読みづらいですが、穴で期待の対抗なので、単勝5番人気、出来れば6番人気以下、ないし単勝オッズ15倍以下ではあって欲しいところです。枠順としてはこちらも3枠前後が欲しいところ。

ビッグ―アーサーは押さえまで。
前走ああいう競馬をしたことで、今回も思った以上に持っていかれてしまう可能性がある。その前走が追ってから手応えほど伸びていないので、仮にそういう競馬になってしまうようだと今度は不安の方が大きいと見ています。

現時点でまだ他馬を寄せ付けないほどの圧倒的な総合力がある訳ではないので、人気ほど抜けた存在ではないという評価です。

また、その前走は、優勝したことで忘れ去られているものの、明らかに仕上がり途上の馬体。使った上積みはあると思いますが、もし仮にその上積みがあまりなく、今回また前走に近しい出来だと、プレッシャーの強いG1の舞台では不安も残ります。そうなれば益々、他馬に付け入る隙が出てくるでしょう。

いずれにしても注目はパドック。
特に単勝10倍前後以下の馬たちの実力差は大きくないので、先週のオールカマーのツクバアズマオーではないですが、当日の仕上がり一つで各馬好走のチャンスが充分生まれてくるかと思います。

【必見】管理人愛用の競馬データベースKLANとは?
口コミで大爆発!とにかく儲かる無料予想が評判の競馬スピリッツとは?

-競馬予想