02.予想/回顧

高松宮記念2018回顧/今後に繋がる何かはなかったレース

2018/04/09

高松宮記念2018は2番人気ファインニードルが優勝。

2着に3番人気レッツゴードンキ。
人気の中心となった1番人気レッドファルクスは見せ場ない8着に終わりました。

高松宮記念2018回顧

今後に繋がる何かはなかったレース

レース後の率直な感想は、何のインパクトもないレースだったなぁ…というもの。

レース前から全く関心の湧かないレースでしたが、レース内容が良い意味で期待を裏切ってくれることもなく。

G1レースにこういうフレーズを使うのは本来おかしいのですが、まさに隙間G1といった印象のみが残るレースでした。

優勝したファインニードルは陣営が良い仕事をしましたね。
前走から状態を明確に上げてきた調教関係者。鞍上の川田騎手もほぼ完璧な騎乗をしたと思います。

一方、注目を集めたレッドファルクスは不可解な惨敗。
スタート、行き脚は悪くなかったにも拘わらず、勝負所手前から何故あの位置取りになってしまったのでしょうかね…。状態面は前走を使って明確に良化していただけに、どう評価して良いか分かりかねるというのが本音です。

高松宮記念2019へ向けて

そんな高松宮記念2018でしたが、終わってみれば結局、

・5番人気以内(単勝オッズ10倍未満)の馬
・前走連対馬
・先行馬

過去傾向で取り上げたこれらいずれかに該当する馬が馬券に絡む結果となりました。

個人的には高松宮記念2019も馬券的興味が湧かないレースになる可能性が高いと見ていますが、G1レース好きな方は、この傾向は覚えておいて損はないかもしれませんね。

今後も無料記事の更新を希望する方は1日1回【人気ブログランキング】をクリックしランキング向上にご協力いただけると幸いです。

-02.予想/回顧
-, , , ,