02.予想/回顧

天皇賞(春)2018予想/【注目馬分析】シュヴァルグラン

2018/04/25

今週日曜、天皇賞(春)2018が開催。

想定1番人気はシュヴァルグラン。
昨年は天皇賞(春)2着を筆頭に、ジャパンカップ優勝、有馬記念3着と、芝2400メートル以上のG1レースで大活躍。今年緒戦の大阪杯2018こそ惨敗に終わってしまったものの、得意距離に戻っての巻き返しが期待されています。

当記事では、そのシュヴァルグランについて評します。

シュヴァルグランの近走評価

ジャパンカップ2017(1着/5番人気)

キタサンブラックが思ったほど走れなかったな、レイデオロは位置取りが今一つになってしまったなという印象の方が強く、正直評価が難しいレース。

率直に言えば、シュヴァルグラン自身のパフォーマンスは、過去のものと比較して特別良くなったなと感じるほどのインパクトはありませんでした。

有馬記念2017(2着/3番人気)

評価が難しかったジャパンカップ2017に対し、こちらはシュヴァルグランが今キャリアのピークを迎えつつあるという印象を受けたレース。

パドックで、キタサンブラックにかなり近い位置まで到達した総合点を披露。

それを証明するかのように、キタサンブラックが支配する流れの中で3着台頭。直線、狭くなる場面がなければまず2着には来ていたと確信出来る、評価出来る内容だったと見ています。

大阪杯2018(13着/4番人気)

年を越して、昨年から更に総合点を上げての出走となるかに注目していたものの、残念ながら、パドックからそれは確認出来なかったレース。

出来そのものも、次を見据えて昨秋以下。同じ休み明けでも京都大賞典2017よりやや落ちるといった印象を受けました。その状況で適性外の条件では惨敗も致し方なしでしょう。

その他参考レース

天皇賞(春)2017(2着/4番人気)

昨年の天皇賞(春)は2着も、優勝したキタサンブラックには完敗の形。

2強の一角サトノダイヤモンドには先着したものの、枠順が逆なら着順も逆だった可能性が非常に高く、シュヴァルグランのパフォーマンスから特別なインパクトは受けませんでした。

ただ、5着以下の馬との比較なら、この条件での安定感は1枚上だなと感じるだけのものがあったのは確かでした。

天皇賞(春)2018におけるシュヴァルグランの取捨ポイント

今回のシュヴァルグランの取捨を考える上で、ポイントと考えているのは以下の2点です。

大阪杯2018からの復調度合い

1点目は、前走の大阪杯2018からどれだけ復調しているかの見極め。

多少の色気は持っていたのでしょうが、前走の大阪杯2018は陣営としてはやはり叩きの意識だったのでしょう。あの仕上げから、さすがに本気度を感じ取ることは出来ませんでした。

それに対し今回は春の大目標。
さすがに完璧な仕上げを目指して造ってきたとは思います。

ただ、果たしてその目論見通りの仕上げが叶っているか。

前走の仕上げが思った以上に甘く、使って良くなるようなレースも出来なかっただけにその点に疑問が残ります。それだけに、調教ないしパドックで、その点、良く確認すべきでしょう。

大阪杯2018大敗の影響は?

2点目は、前走大敗の精神的ダメージの見極め。

こればかりは正直、測りようがないとしか言えません。
ただ、見せ場なしの2桁着順惨敗という結果から、何らかの精神的ダメージが残っている可能性をを一旦考慮すること自体は、しておいて損はないかと思います。

天皇賞(春)2018におけるシュヴァルグランの総評

2着した昨年の天皇賞(春)に出走していたキタサンブラック、サトノダイヤモンドが不在。加えて昨秋のシュヴァルグランの総合力が昨春より上がっていたことを考えると、このメンバーなら本来、シュヴァルグランは堂々の主役を張れていたでしょう。

私自身、仮にシュヴァルグランが阪神大賞典2018優勝ないし2着からの臨戦なら、シュヴァルグランに本命、最低でも対抗は打っていたかと思います。

ただ、前走の仕上げの甘さ、そして2桁着順。
これはやはり、無視出来ないレベルの不安材料です。

今回、仮に阪神大賞典2018優勝からの臨戦だったなら、シュヴァルグランの単勝オッズは1倍台中盤だったと思います。それを考慮すると、大阪杯2018惨敗で少しでもオッズが落ちることは、シュヴァルグラン本命派の人にとっては良い材料と採ることも勿論出来ます。

ただ、個人的にはオッズが落ちること以上に、状態面、精神的ダメージへの不安が先行する印象。その分、事前予想の段階で高評価を与えたいほどの魅力をシュヴァルグランには感じず、基本評価は低め、パドックで想定外に良化していた場合のみ評価を上げる、これが現時点でのシュヴァルグランへの率直な評価となります。

ブログランキング参戦中!今後も記事更新を希望する方は1日1回【人気ブログランキング】を応援クリックしランキング向上にご協力いただけると幸いです。

-02.予想/回顧
-, , ,