02.予想/回顧

マイル仕様で一変!期待膨らむリスグラシューの優勝/東京新聞杯2018回顧

東京新聞杯2018はリスグラシューが優勝。

古馬牡馬との混合重賞初挑戦という低くない壁を一発クリア。
今年緒戦を最高の形で飾ることとなりました。

東京新聞杯2018出走組の注目馬

マイル仕様で一変!期待膨らむリスグラシューの優勝

事前の見解で「古馬牡馬相手に通用する可能性は高くない」と評したリスグラシューですが、パドックを見た途端「これは相当やれるかもしれないな」と考えが変わりました。

会員様にはお伝えした通り、この日は、かなり切れそうな馬体での出走。

真相は陣営のみぞ知るところですが、昨年は、春はオークス秋は秋華賞・エリザベス女王杯と、芝中長距離に対応させる必要があった。マイル路線を中心に歩む今春は、それら過去と比較し、切れに特化させる仕上げにシフト出来たのかもしれません。

今後は、阪神牝馬ステークス→ヴィクトリアマイルというローテーションですかね。

今回の結果は武豊騎手の手腕も手伝ってのものだとは思いますが、あの馬体でこの結果となると、少なくともフロックということはないでしょう。

両レースでも一定のパフォーマンスを期待出来るではないでしょうか。

どこかで狙いどころが来るかもしれないグレーターロンドン

東京新聞杯2018からもう1頭触れておきたいのがグレーターロンドンです。

結果こそ残念でしたが、こちらも今回、想定外に良い馬体に仕上げてきていました。

結果的にあの位置取りが裏目に出てしまいましたが、いつも通りの控える競馬をしていれば、恐らくこの日はかなり切れた脚を使っていただろうと見ています。

事前見解では今年は下降線になる可能性が高いとしましたが、この日の仕上げを維持出来れば、どこかで狙えるタイミングが来るかもしれません。

今回の敗戦で多少なりとも人気を落とす状況も生まれるでしょうから、今後は、高い期待値となるポイントを探していきたいと考えています。

東京新聞杯2018組から重賞で一発を期待出来そうな馬も【人気ブログランキング】に公開中。興味ある人は覗いていって下さい。
※馬名やコメントの見方が分からない方はこちらの記事を参照下さい。

-02.予想/回顧
-, , ,