02.予想/回顧

テイエムジンソク今年緒戦を順調にクリア!フェブラリーステークス2018での評価は?/東海ステークス2018回顧

東海ステークス2018は、圧倒的1番人気に推されたテイエムジンソクが優勝。今年緒戦をまず無事にクリアしました。

13番人気コスモカナディアンにヒヤリとさせられるシーンがあっただけに内容に不満を持つ人もいるかと思いますが、個人的にはそれは、評価を上げる要素にはならずとも、下げる必要もない要素だと評価しています。

コスモカナディアンは、昨年の川崎記念でケイティブレイブに先着しての3着。その次走となった仁川ステークスではグレイトパールと4分の3馬身差の2着。今回人気がなかっただけで、元々、存分に力を発揮すればG1級の馬と差のない競馬が出来る実力馬ですからね。

コスモ冠のような地味な馬は少しの敗戦ですぐ人気を落としますから、この馬の実力を評価していた人にとっては美味しい馬券だったのではないでしょうか。

テイエムジンソクはフェブラリーステークス2018での評価は?

順調にいけばテイエムジンソクの次走はフェブラリーステークス2018でしょうか。

今回のパドックを見ると、今年をかけていよいよ、テイエムジンソクは完成期に入るかなと予感させるものがありました。

勢い、という点では前走のチャンピオンズカップの方がさすがに上と感じましたが、そこから一区切りした今回のパドックでは、ただの上がり馬でなく、強豪馬としての確かな地位に達したと感じました。

ここを使って、状態は恐らく更に上がるでしょうから、フェブラリーステークス2018の主役の1頭として相応しい馬であると評価しています。

ただ、次の舞台は東京ダ1600メートル。
そこへの適性が決して高くない分、優勝となるとある程度条件が付くかなと考えています。

個人的には、優勝を狙うなら理想の位置取りはハナ、悪くとも外の2番手。3番手以下となると優勝はやや厳しくなるかなという印象を持っています。

理想はハナと考えるのは、決して適性が高いとは感じない東京ダ1600メートルで優勝するなら、終始自分でペースを作り、仕掛けどころ(脚の使いどころ)を完璧にコントロールしたいからです。

3番手以下は割引と考えるとのは、相手のペースで走り、4コーナーで内2頭分ロスがある分の脚を使うと、最後甘くなる可能性が想定されるからです。

フェブラリーステークス2018でテイエムジンソクにとって重要になってくるのはまず、メンバー構成、そして枠順構成でしょう。

自分がハナを取れそうなメンバー構成で中枠、こうなれば理想でしょうね。

次走注目ブログランキングで紹介したキングブラックは先週土曜の中京1Rで優勝。今週も注目馬を【人気ブログランキング】で公開しておきます。興味ある人は覗いていって下さい。
※馬名やコメントの見方が分からない方はこちらの記事を参照下さい。

-02.予想/回顧
-,