02.予想/回顧

ユーキャンスマイルは牡馬クラシック2018路線に乗れるか?

2018/02/20

1回京都1日目5R3歳未勝利戦。
単勝1.6倍に応えたユーキャンスマイルが、3戦目での未勝利脱出となりました。

ライバル馬は単勝2番人気のノストラダムス1頭のみだったレース。

そのノストラダムスが勝負どころで自ら動いたため、後はそれを目標に仕掛け交わすだけと、ユーキャンスマイルにとって良い流れになりましたね。

ユーキャンスマイルは牡馬クラシック路線に乗れるか?

ユーキャンスマイルはキングカメハメハ×ムードインディゴで全兄にノガロがいる血統。

そのノガロは、クラシック路線ではきさらぎ賞4着、若葉ステークス3着止まりでしたが、ユーキャンスマイルの素質は、可能性という点ではそれを上回れるものだけのものを秘めていると思います。

ただ、その為にネックとなってきそうなのが、とにかく直線でモタれて乗りづらく、それと相まって追ってから期待ほど伸びない点。

※このモタれ癖は予想する際にも考慮すべき点なので、レースを見ていない人はJRA公式のリプレイ動画で是非確認してみて下さい。

これが解消されない内はレベルが上がると厳しい戦いになるでしょう。これが解消されるかどうかが、まず、大きな大きなポイントになってきます。

もう1つのポイントは、ここから上手く成長の上昇曲線を描けるかどうか。

ユーキャンスマイルは現状、ほとんど素質だけで走っており、馬体面はまだまだ頼りない部分が目立ちます。

言い換えるとそれだけ伸びしろがある訳ですが、素質はあってもそれに実が伴わずに競走生活を終える馬も腐るほどいるのが競走界。この馬がそのどちらに転ぶかは蓋を開けてみるまで何とも言えません。

いずれにせよ。無理ないローテーションを組むなら早いところ賞金加算もしたいところ。

現状、京都芝外回り中長距離が無難に走れる条件でしょうから、間隔はやや狭いですが条件的には梅花賞が良いですかね。現状では頭数も少なければ少ないほど良いので、梅花賞ならその条件も満たせそうです。

今後も条件戦の馬などもブログで取り上げていければ良いなと思っています。希望する方は[最強]競馬ブログランキングの応援クリックもお願いいたします。

-02.予想/回顧
-